生産緑地

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1005284  更新日 令和1年5月30日

印刷大きな文字で印刷

1 生産緑地地区とは

生産緑地地区とは、平成3年に施行された生産緑地法の規定に基づき、市街化区域内の農地等で農林漁業と調和した良好な都市環境の形成に役立ち、将来公園や緑地等の公共施設等の敷地として適している土地で、農林漁業の継続が可能な条件を備えている区域を都市計画により定められたものです。

2 生産緑地の維持管理

生産緑地地区に指定されると、農地として土地利用が都市計画上明確に位置付けされ、一団ごとに標識が設置されます。
生産緑地は、農地として管理することが義務付けられており、建築物等の新築・増改築、宅地や駐車場の造成等の行為はできません。
ただし、ビニールハウスや農業資材の収納施設等の農業を営むために必要なもので、生活環境の悪化をもたらさないものに限り、あらかじめ市長の許可を得て建築等を行うことができます。

3 生産緑地の買取申出制度

生産緑地制度には、買取申出制度があります。
生産緑地地区に指定されてから30年経過したときや、農業の主たる従事者が死亡したり、農業に従事することを不可能とさせる故障が生じたときは、市長に対して生産緑地の買取申出をすることができます。

買取申出中の生産緑地地区については、下記のページをご覧ください。

4 生産緑地買取申出提出書類

  • 農業委員会発行の農業の主たる従事者証明書

  • 農業の主たる従事者の死亡の場合は、死亡者の戸籍謄本

  • 農業の主たる従事者の故障の場合は、医師の診断書

  • 申出土地の登記簿謄本

  • 申出土地の公図

  • 申出人の印鑑登録証明書

  • 相続前の場合は、遺産分割協議書

  • 申出土地が区画整理事業区域内の場合は、仮換地証明書(仮換地図、位置図)

  • 申出土地が土地改良事業区域内の場合は、一時利用地証明書

5 特定生産緑地制度とは

指定から30年を経過する生産緑地は、いつでも買取り申出ができるようになることから、これまで適用されていた税制上の優遇措置を受けることができなくなります。そこで、引き続き都市農地の保全を図るため、特定生産緑地制度が創設され、所有者の意向により、買取り申出ができる時期を10年ごとに延長できるようになりました。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設部 都市整備課 公園緑地グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 第2分庁舎1階
電話:0587-32-1372
ファクス:0587-32-1207