稲沢市平和の桜 32 市原虎の尾

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1003226  更新日 平成31年1月24日

印刷大きな文字で印刷

写真1:市原虎の尾

写真2:市原虎の尾

名称

市原虎の尾(いちはらとらのお)

解説

斜上する落葉小高木で、高さは4~5m、直径10~15cm。花は淡紅白色だが満開時は白色、花弁数は35~40枚。花径は3.5~4.0cm。弁の長さは1.3~1.7cm、幅1.0~1.2cmで長楕円形となり、先は2裂または不規則に割れる。開花期は4月中旬~下旬である。
京都洛北の市原にあり、花梗※はやや短く、枝に花の咲く様子がトラの尾のようなので、大谷光瑞師が命名したものであるという。
※花梗:花軸から分かれ出て、その先端に花をつける小さな枝。花柄ともいう。

(「日本の桜」解説 川崎哲也、写真 木原浩・奥田實、山と渓谷社、1993年 より)

代表的な植栽場所

日光川桜づつみ小公園

このページに関するお問い合わせ

市長公室 平和支所 総務・市民・福祉グループ
〒490-1392
愛知県稲沢市平和町中三宅二丁割60番地 平和支所
電話:0567-46-1111
ファクス:0567-46-4660