令和4年就業構造基本調査を実施します

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002682  更新日 令和4年8月5日

印刷大きな文字で印刷

調査の概要

就業構造基本調査は、日本の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的としており、国が実施する統計調査のうち、特に重要なものとされる基幹統計調査です。

調査期日

令和4年10月1日

調査対象

15歳以上の世帯員

調査の方法

8月下旬から愛知県知事に任命された調査員が訪問します。
世帯にふだん住んでいるかたは、調査票のご回答をお願いします。

回答方法は、インターネットによるオンライン回答と、郵送によりご提出いただく方法があります。
オンライン回答は、(1)都合の良い時間に回答できる、(2)回答すべき設問に自動的に誘導してくれる、(3)記入誤りを回答時に教えてくれるというメリットがあります。
オンライン回答における通信は、不正なアクセスなどの監視が24時間行っていますので、回答内容は厳重に保護されます。
是非、オンライン回答をご利用ください。

調査結果の利用

就業構造基本調査の結果は、国や地方公共団体における雇用政策、経済政策の基礎資料のほか、学術研究のために利用されます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課 統計グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎2階
電話:0587-32-1154
ファクス:0587-32-1520