トップページ > あそぶ・まなぶ > 荻須高徳

荻須高徳

モンマルトルのアトリエで、青年は郷土を思ったか?

世界の荻須、その肖像

イラスト

 荻須高徳写真

1901年(明治34年)
1908年(明治41年)
1916年(大正05年)
1921年(大正10年)
1922年(大正11年)
1927年(昭和02年)
1928年(昭和03年)
1939年(昭和14年)
1944年(昭和19年)
1945年(昭和20年)
1946年(昭和21年)
1948年(昭和23年)
1956年(昭和31年)
1972年(昭和47年)
1974年(昭和49年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1986年(昭和61年)

7歳
15歳
20歳
21歳
26歳
27歳
38歳
43歳
44歳
45歳
47歳
55歳
71歳
73歳
80歳
81歳
84歳
11月30日、愛知県中島郡井長谷村大字井堀149番戸(現在の稲沢市井堀高見町)に生まれる。
千代田尋常高等小学校に入学。
愛知県立第三中学校(現在の津島高等学校)に入学。
卒業後、上京し川端画学校に学び、藤島武二の指導を受ける。
東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画科に入学。
東京美術学校卒業。9月フランス留学の途につく。
このころから署名をOGUISSとする。サロン・ドートンヌに初入選。
第2次世界大戦勃発。翌年13年ぶりに帰国。
横江美代子と結婚。
終戦。
長女恵美子生まれる。
戦後初めて日本人画家として、フランス滞在を許され8年ぶりにパリに入る。
フランス政府から、レジオン・ドヌール勲章を授与される。
勲三等旭日章に叙される。中日文化賞受賞。
パリ市より、メダイユ・ド・ヴェルメイユを授与される。
文化功労者に顕賞され10年ぶりに帰国。稲沢市を訪問。
フランス国立造幣局が、荻須高徳の肖像を浮彫にしたメダイユを発行する。
10月14日、パリのアトリエで制作中に死去する。文化勲章を受章する。

 


 

TAKANORI OGUISS

 稲沢市の稲沢公園の一隅に建つ、落ち着いた雰囲気の瀟洒な建物。荻須記念美術館です。 この美術館の奥手に、平成8年、新たに増築された棟があり、そこに、パリを描いた画家・荻須高徳が、現地で長年絵画制作を続けたアトリエがそのままに再現されています。
 黒光りするイーゼル。すり減るほどに使い込んだたくさんの絵筆。 それらは、実際に荻須が1986年に没する直前まで使っていたもの。 機能的で余分な装飾がまるでない、それでいてどこか暖かみの漂う室内や、毛の根本まできれいに洗ってある絵筆に、この画家の画風そのままの「きまじめさと優しさ」がにじみ出ています。

TAKANORI OGUISS
 戦前・戦後を通じ、フランスを中心とするヨーロッパで支持され、人生のほとんどをパリで過ごしたこの画家が生まれ、そして幼年期から十代いっぱいを過ごしたのは、この稲沢の地。 その絵や人生に、郷土の風土はどんな影響を与えたのでしょう。

荻須高徳の作品
 
↑作品の詳細は、画像をクリックしてください
Copyrights ADAGP,Paris & SPDA, Tokyo, 1998 NEXT

 

問合先 荻須記念美術館 TEL 0587-23-3300

最終更新日 平成20年4月1日