特別展 牛島憲之展 府中市美術館コレクション

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1006485  更新日 令和2年8月1日

印刷大きな文字で印刷

出品作品
牛島憲之の油彩画・水彩画・デッサンなど府中市美術館のコレクション47点
会期

令和2年10月24日(土曜日)~12月6日(日曜日)

会期中休館日
月曜日[ただし11月23日(月曜日・祝日)は開館]、11月24日(火曜日)
会場
稲沢市荻須記念美術館
主催
稲沢市・稲沢市教育委員会・稲沢市荻須記念美術館
協力
府中市美術館
助成
一般財団法人 自治総合センター
観覧料

 

一般

高校生

大学生

小学生

中学生

通常料金

700円

400円

100円

割引料金

560円

320円

80円

  • 割引料金は、20名以上の団体、割引券持参の方、障がい者手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳を持参の方及び付添人1名に適用
  • 市内小学生・中学生は無料

 


くーちゃん

 

本展は、宝くじの助成金を受けて実施しています。


内容

《灯台のある島》1984年
《灯台のある島》 1984年


 牛島憲之(1900~1997)は熊本市に生まれ、1919年に上京して葵橋洋画研究所に入り、1922年に東京美術学校西洋画科に入学、在学中は岡田三郎助の教室に在籍しました。1927年に帝展初入選、1946年の日展で特選を受賞したのち、1949年に須田寿らと共に立軌会を結成、官展からは距離を置き、主に同会で作品を発表するようになります。1965年に東京藝術大学教授に就任、1983年には文化勲章を受章しました。


 幼いころから画家を目指した牛島は、画業の初期では里山の自然や水辺などを丸みを帯びた形態で表現し、戦後にはガスタンクや工場などの堅固な構造物のある風景も描きました。生涯海外へ渡ることなく日本で制作を続け、その情趣をとらえた作品は、穏やかな曲線と溶け合うような色彩へと到達し、見る者を深い内省へと誘う静謐さをたたえています。


 一方、当館の顕彰作家である荻須高徳は、牛島と同じく1922年に東京美術学校西洋画科へ入学、在学中は牛島とは異なり、藤島武二の教室に在籍しました。卒業後は両者とも同級生で結成した上杜会(じょうとかい)で作品を発表し、荻須は1986年に文化勲章を受章しています。荻須はパリを拠点とし、流行に流されることなくパリの街角を力強い筆致で描き続けました。両者の作風は異なるものですが、自ら定めた画題に真摯に向き合い続け、パリと日本でそれぞれ活躍した二人の画歴からは当時の洋画壇の一端を感じることができます。


 牛島の作品は、柔和で包み込むような印象を与える一方で、既成概念にとらわれない構図やモチーフが丹念な筆致で表され、画家が常に自らの表現を探求し、発展を続けていたことがわかります。本展では、風景を見つめ、一途に制作に取り組んだその深遠な世界を、牛島憲之記念館を擁する府中市美術館のコレクションによって紹介します。


《五月》 1938年

 

 

 

《五月》 1938年


《残夏》 1946年

 

 

 

《残夏》 1946年


《タンクと煙突》 1959年

 

 

 

《タンクと煙突》 1959年


 

作品はすべて牛島憲之作、油彩・カンヴァス、府中市美術館所蔵

ただし、《残夏》は府中市美術館寄託

 

©牛島憲之芸術継承基金

関連事業

新型コロナウイルス感染症対策について

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

美術館 美術館グループ
〒492-8217
愛知県稲沢市稲沢町前田365番地8 荻須記念美術館
電話:0587-23-3300
ファクス:0587-23-3302