稲沢のむかしばなし 孫八祭(稲沢市西島町)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1003068  更新日 平成31年1月25日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:孫八祭

稲沢市の西部にある西島町の「孫八祭」のおはなしです。
むかし、むかし、ある秋のこと。大水で米のとり入れが出きなんだ時のことだそうな。
「ああ、こうたびたび大水では、米はとれんし畑のものはみんな流されてしまうし、困ったもんだのう」「ああそうだとも、となりの村でも、稲が水につかって刈れんもんだで、稲の穂だけ摘んどらっせるそうな。」
村の衆は三人よれば水の話ばっかり。しかし、なかなかええ知恵は浮かんでこなんだ。
庄屋の孫八さんもいつもそのことばかり考えてござった。
「うん。このままじゃ年貢はおろか、食べていくこともできん。よし、わしがお代官所へ行って、川の改修をたのんでみよう。」「ああ、庄屋さまおねがいしますだ。」
清洲のお代官所はこの話をきいて、さっそく川筋をかえることになった。村の人は、このはなしを聞いてたいそうよろこんだが、困ったことがおきた。それは、川を村のまん中に通すことになってしもうた。
これを聞いた村の人はびっくり。田んぼがへるし、ていぼうの下は水はけが悪くなるし、もうつくってもらわんでもええという人もでてきた。
これには、孫八さんもたいそう困って、「よし、わかった。うそを言って、川筋をごまかすより手はない。わかった時のおとがめはわし一人だからのう。みんなは心配せんでええ。」
こうした孫八さんの努力により、川は村のはずれを通り、大水はなくなったということじゃ。それ以来孫八さんをたたえ、お祭りをすることになったそうな。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196