市指定文化財 栄信イチョウ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1003026  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:栄信イチョウ

高さ8m
地上2mのところで幹が3本に分かれる。伊勢湾台風による枝の折れ跡があり、台風の猛威を物語っている。折れ跡により、一部幹が朽ちているが、まだ樹勢は良く、老樹であるが銀杏は小粒でも多くつけるという。
先祖の栄次郎氏が植えたもので、栄次郎の「栄」と神明津の「神」をあわせて栄信(神)イチョウと名付けたという。この地区で栽培される品種の原木とされる。

名称
栄信イチョウ(エイシンイチョウ)
文化財区分
市指定文化財
種別
天然記念物
員数
1樹
管理者
個人
地区
祖父江
所在地
稲沢市祖父江町神明津
指定・登録日

平成17年7月1日指定

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196