市指定文化財 金兵衛イチョウ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1003025  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:金兵衛イチョウ

高さ15m 胸高囲2.5m
本樹は金兵衛イチョウの原木である。雌株で所有者の先祖である徳右衛門が植えたと伝える。明治初期、徳右衛門の孫の金兵衛がこの木から収穫したギンナンを初めて市場に出荷し「金兵衛」の品種名がつけられた。この品種は、硬核期が早いので、早生種として主に7~8月に出荷される。樹勢は旺盛で多量の銀杏が収穫できるという。

名称
金兵衛イチョウ(キンベエイチョウ)
文化財区分
市指定文化財
種別
天然記念物
員数
1樹
管理者
個人
地区
祖父江
所在地
稲沢市祖父江町桜方
指定・登録日

平成17年7月1日指定

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196