市指定文化財 クロマツ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1003016  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:クロマツ

海岸の砂浜や崖の上に広く自生するが、しばしば庭に植えられる。ア力マツと違って葉太く先にふれると痛い。俗にクロマツを雄松、ア力マツを雌松というが、マツは雌雌同株で雌雄木の区別はない。先端に本年の雌花その下に本年の雄花が着く。時にはその下に昨年の雌花(若い松かさ)更に下に一昨年の雌花(古い松かさ)が着くことがある。本樹の長年の風雪に耐えた雄姿は「稲沢市の木」の代表としてふさわしい。地上2mのところから両側に幹がほぼ水平に伸び、その先が3本に分かれて上へ伸びる。北面の樹皮には古木に特有の地衣類や着生ゴケがついている。

名称
クロマツ
文化財区分
市指定文化財
種別
天然記念物
員数
1樹
管理者
大松保存会
地区
明治
所在地
稲沢市一色中屋敷町
指定・登録日

昭和59年11月1日指定

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196