市指定文化財 絹本著色阿弥陀如来像(福仙寺)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002981  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:絹本著色阿弥陀如来像

縦 95.3cm 横 36.7cm。
本図は、方便法身尊形といわれるもので、蓮華座上に正面向きに立って、右手は胸前に上げ、左手は垂下し、ともに第1指と第2指を捻ずる来迎印(真宗では摂取不捨印という)を結んだ阿弥陀如来の独尊立像で、仏身は金色身で、着衣の条葉や蓮弁の筋には截金を使用し、頭部には群青で賦彩する。頭光からは弥陀の四十八願になぞらえた48本の光芒が上下左右に放たれる。
本願寺第九世実如から永正4年大和国葛下郡庄別所に下附されたものである。福仙寺への伝来経緯などは明らかでないが、当市に残る方便法身尊形として最古のものである。

名称
絹本著色阿弥陀如来像(ケンポンチャクショクアミダニョライゾウ)
文化財区分
市指定文化財
種別
絵画
時代
永正4(1507)年
員数
1幅
管理者
福仙寺(フクセンジ)
地区
下津
所在地
稲沢市陸田本町
指定・登録日

平成6年11月1日指定
平成22年:保存修理

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196