市指定文化財 厨子

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002918  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:厨子

総高158cm、間口72.5cm、奥行58.5cm、屋根幅146.5cm。
入母屋造、妻正面で、妻飾りは虹梁に板蟇股の形式をとり、異形の猪目懸魚をつる。屋根は本瓦形の形を木で造り、隅飾りには棟を作らず、隅丸に平瓦がとりついて巧みな取扱いをみせ、大棟端と平降棟端には鬼瓦をおくが、平降棟には熨斗瓦をみせず、それを低く納めて格好が重苦しくならないように配慮している。
柱は、前の二本は円柱、後の二本は角柱であるが、共に土台上に立ち、上部に粽がつき、正側面に腰長押、内法長押をめぐらし、背面は壁にとりつくようになっていて、何も作られていない。正面戸口脇方立を土台と内法長押の間に立て、腰下襷掛け入りの桟唐戸を両開きとする。小作ではあるが、大日如来像と同時期の作とみられる。

名称
厨子(ズシ)
文化財区分
市指定文化財
種別
建造物
時代
室町
員数
1棟
管理者
善応寺(ゼンノウジ)
地区
明治
所在地
稲沢市片原一色町
指定・登録日

平成元年10月2日指定

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196