重要文化財 紙胎漆塗彩絵華籠

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002878  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:紙胎漆塗彩絵華籠

径24cm、高3.9cm。この華篭は、木型に10枚前後の紙を貼り重ねて成形し、型抜きの後黒漆を全面に塗布して固めた紙胎黒漆塗製。内面のみは胡粉地にして緑青、紅などによる華麗な八葉蓮華文をあらわし、その花弁の間からは金箔押し墨線輪郭の力強い三鈷文をのぞかせる。なお成形後、縁と花弁と三鈷で形成される区割を切り透し、単調な形姿に変化を求めているのが興味深い。鎌倉時代の珍しい遺品である。

名称
紙胎漆塗彩絵華籠(シタイウルシヌリサイエケコ)
文化財区分
重要文化財
種別
工芸
時代
鎌倉
員数
6枚
管理者
萬徳寺(マントクジ)
地区
小正
所在地
稲沢市長野三丁目
指定・登録日

昭和36年2月17日指定

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196