重要文化財 拝殿

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002863  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:拝殿

桁行五間、梁間三間(実長四間)、切妻造、桧皮葺、妻入の建物で、柱は総円柱、床は拭板敷、全開放とする。中央二間が身舎、両脇各一間が庇となり、庇は化粧屋根裏とされ、身舎にのみ天井を張る。
一般に桃山江戸初期には派手な意匠が愛好されたが、この拝殿は簡素な伝統的な和様の手法をよく守っている。

名称
拝殿(ハイデン)
文化財区分
重要文化財
種別
建造物
時代
江戸
員数
1棟
管理者
尾張大国霊神社(オワリオオクニタマジンジャ)
地区
小正
所在地
稲沢市国府宮一丁目
指定・登録日

昭和30年6月22日指定

  • 昭和34年:屋根葺替
  • 平成6・7年:屋根葺替

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196