重要文化財 鎮守堂

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002858  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:鎮守堂

一間社流造、桧皮葺、桁行1.8m、梁間1.5mの小社である。社殿の建立は棟札によって享禄3年であることが知られる。
石垣で囲った土壇上に立ち、主屋を前後に二分して前半を開放にし、後半との境に三口の戸口を設けている。壁は横板を柱に溝をつくり落とし込んだもので、漆喰を塗る。背面では正面の三扉に応じて三分割され、境に細い竪木を入れる。三方に縁を廻らし、後端に脇障子を立て、正面に木階七級、前に浜縁を設ける。屋根は桧皮二重軒付、棟に箱棟をのせる。

名称
鎮守堂(チンジュドウ)
文化財区分
重要文化財
種別
建造物
時代
室町
員数
1棟
管理者
萬徳寺(マントクジ)
地区
小正
所在地
稲沢市長野三丁目
指定・登録日

昭和33年5月14日指定

  • 昭和35年:解体修理
  • 平成2年:屋根葺替

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196