県指定文化財 鰐口

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002909  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:鰐口

面径47.9cm、縁厚11.5cm。重文六角堂軒下に懸吊される大振りの鰐口である。この鰐口は鋳上りのすこぶる優秀な品で、両面の銘帯にそれぞれ永和2年の鋳造願文及び天正11年の寄進銘をもつ基準作例である。耳は半月形に屈曲した通例の形状をもち、両耳の間の肩と呼ばれる部分は断面が中高ながら山の出が少なく、やや下向に張り出した目や、これに連なる唇の出もおだやかな造りをみせ古様を示している。

名称
鰐口(ワニグチ)
文化財区分
県指定文化財
種別
工芸
時代
永和2(1376)年
員数
1口
管理者
長光寺(チョウコウジ)
地区
大里東
所在地
稲沢市六角堂東町三丁目
指定・登録日

昭和35年6月2日指定

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196