県指定文化財 絹本著色釈迦十六善神像(萬徳寺)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002896  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:絹本著色釈迦十六善神像

縦140.5cm、横73cm。十六善神図は、本来般若菩薩とその護法の十六善神を配するが、ほとんどは般若に代えて釈迦如来を描き、十六善神には十二神将に四天王を加えてこれにあてている。本図は十六善神図の図像変遷上から、新旧交替期に相当する遺品で、本尊は独尊形で高い台座に結跏趺坐し、前面に天部形の常啼、頭巾を冠った法涌、笈を負う玄獎、深沙太将を配置し、まわりに十六善神が囲集する。釈迦は肉身に金泥を塗り、肉線は朱線の描き起こしで、納衣、袈裟には麻葉・卍・格子など截金文様を飾る伝統的な仏画手法である。制作は、鎌倉時代末期。

名称
絹本著色釈迦十六善神像(ケンポンチャクショクシャカジュウロクゼンシンゾウ)
文化財区分
県指定文化財
種別
絵画
時代
鎌倉
員数
1幅
管理者
萬徳寺(マントクジ)
地区
小正
所在地
稲沢市長野三丁目
指定・登録日

昭和55年10月17日指定

  • 平成20年:保存修理

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196