県指定文化財 絹本著色三月経曼荼羅図

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002895  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:絹本著色三月経曼荼羅図

縦104.3cm、横71.7cm。大般若会の本尊である釈迦三尊十六善神図の構成に似るが、本図は釈迦・文殊・普賢を中心にまわりに薬王・薬上の二菩薩、これに法華経陀羅尼品に説かれる同経を信仰する者を守護する10人の羅刹女を配したもので、これは釈迦が法華経を開説したとき、同経を護持するため羅刹や天部が会座したことをあらわした、いわゆる法華経諸尊集会図とよぶべき仏画で、法華会の本尊となる。本尊釈迦如来は宝冠を着し、法界定印を結んだ、宝冠釈迦如来で珍しい。本図の系統の画像は現存例が少なく、きわめて貴重である。鎌倉末期の制作。

名称
絹本著色三月経曼荼羅図(ケンポンチャクショクサンガツキョウマンダラズ)
文化財区分
県指定文化財
種別
絵画
時代
鎌倉
員数
1幅
管理者
萬徳寺(マントクジ)
地区
小正
所在地
稲沢市長野三丁目
指定・登録日

昭和55年10月17日指定

  • 平成21年:保存修理

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196