県指定文化財 木造南無仏太子像

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1002886  更新日 平成31年1月29日

印刷大きな文字で印刷

写真:木造南無仏太子像

像高49.2cm、桧材、寄木造、彩色、玉眼嵌入、童形、上半身を裸につくり、合掌、裳をつけて立つ姿で、聖徳太子二才のほとけ礼拝の姿という。南無仏太子は、その作例も多く、鎌倉末から南北朝にかけて多くの遺品が知られている。
可憐な童形であるため、親しみやすく、発願者も少なくなかったであろう。本像は両眼の切れあがったやや強いまなざしをあらわし、相好のできはよいが、裳の両側を強く張って、それに勁直な衣文を刻むあたりは、室町時代に入ってからの制作と考えられる。

名称
木造南無仏太子像(モクゾウナムブツタイシゾウ)
文化財区分
県指定文化財
種別
彫刻
時代
鎌倉
員数
1躯
管理者
性海寺(ショウカイジ)
地区
稲沢
所在地
稲沢市大塚南一丁目
指定・登録日

昭和40年5月21日指定

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1443
ファクス:0587-32-1196