校内で新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1008502  更新日 令和3年9月9日

印刷大きな文字で印刷

臨時休業の範囲や条件

 平素から稲沢市教育委員会が所管する教育活動にご理解、ご協力をいただき、誠にありがとうございます。現在、県内の新型コロナウイルス感染者は連日1,000人を越えており、大変厳しい状況が続いておりますが、今後も、校内での感染予防対策を徹底し、できる限り教育活動を継続してまいります。

 さて、令和3年8月27日付けで文部科学省の「学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドライン(第1版)」により、臨時休業に関する新たな基準が示されました。稲沢市としても保健所の指導のもと、小中学校と教育委員会が連携し、必要に応じて臨時休業(学級閉鎖、学年閉鎖、学校全体の臨時休業)を実施してまいります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課 学校教育グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎3階
電話:0587-32-1436
ファクス:0587-32-1196