高額療養費の申請方法について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1007388  更新日 令和3年1月22日

印刷大きな文字で印刷

高額療養費の申請方法について

郵送での申請が可能になります

これまでの高額療養費の支給申請は、対象になった世帯に申請案内のはがきをお送りし、市役所窓口で申請手続きをお願いしていましたが、令和3年1月からは申請書をご自宅に郵送します。

氏名・住所など必要事項を記入の上、申請書に同封する返信用封筒で返送していただくか、市役所国保年金課・支所・市民センターまでお持ちください。

一部を除き、領収書の提示が不要になります

これまでは、高額療養費にかかるすべての領収書の確認をしておりましたが、病院や薬局などでの支払いが全て済んでいる場合は、一部を除き領収書の提示が不要になります。

領収書の提示が必要になる場合は、同封するお知らせに記載しておりますので、申請書とともに窓口にお持ちいただくか、郵送で申請する際には、領収書のコピーを同封してください。

令和2年12月以前案内分 令和3年1月以降案内分
添付書類

高額療養費に該当する

すべての領収書について提示が必要

一部を除き領収書の提示を省略

※引き続き提示が必要な場合、

 申請案内にてお知らせします。

申請方法 窓口で申請書に記入しその場で提出

申請書を自宅へ郵送

振込口座等の必要事項を記入し、

窓口へ直接提出 または 郵送で提出

令和2年12月以前にはがきで案内している分は、これまでどおり領収書の提示が必要なため、窓口での申請になります。
※国民健康保険税に未納がある場合、申請のご案内のみをお送りし、申請書を同封しない場合がありますので、市役所国保年金課の窓口にお越しください。

70歳以上の方の世帯の高額療養費の申請手続きの簡素化について

申請手続きの簡素化について

令和3年1月から、70歳以上の方のみで構成されている世帯は高額療養費の支給方法が変更になります。今までは高額療養費に該当する度に申請が必要でしたが、初回のみ申請書を提出すれば、次回以降の申請が不要となり、登録口座に振り込みます。

令和2年12月以前案内分 令和3年1月以降案内分
添付書類

高額療養費に該当する
すべての領収書について提示が必要

一部を除き領収書の提示を省略

※引き続き提示が必要な場合、
 申請案内にてお知らせします。

申請方法 窓口で申請書に記入しその場で提出

申請書を自宅へ郵送

振込口座等の必要事項を記入し、
窓口へ直接提出 または 郵送で提出

申請回数 該当月ごとに毎回申請 初回のみ申請
(2回目以降は申請なしで振り込み)

※令和3年1月案内分から数えて、初回申請とします。
※登録口座は、初回申請時の振込口座になります。
※振込口座の変更を希望される方は、再度申請書の提出が必要となりますので、お申し出ください。
※自動振り込みを希望されない方は、別途申請が必要となりますので、お申し出ください。
※この手続きは、後期高齢者医療制度には引き継がれません。

対象となる世帯

稲沢市の国民健康保険に加入している世帯のうち、以下のすべてに該当する世帯

1 世帯主が70歳以上であること

2 稲沢市の国民国民健康保険に加入している世帯の全員が、70歳以上であること

3 国民健康保険税に未納がないこと

4 公費医療負担のうち特定の療養を受けていないこと

※世帯の状況(1及び2の条件)については、高額療養費に該当した月の1日で判断します。

上記の条件に該当しなくなった場合は、自動振り込みを解除し、申請書を郵送します。

 

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 国保年金課 国保グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎1階
電話:0587-32-1312
ファクス:0587-32-8911