マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1007127  更新日 令和3年10月29日

印刷大きな文字で印刷

令和3年10月20日から、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました。

(カードリーダーが設置されていない医療機関・薬局では、引き続き健康保険証が必要です。)

詳しくはこちらをご覧ください。

対応する医療機関・薬局

マイナンバーカードの健康保険証利用に対応する医療機関・薬局は厚生労働省のホームページに掲載されています。

利用するためには、事前に申し込みが必要です

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナポータルで申し込みを行う必要があります。

申し込みのサポートを行っています

マイナンバーカードを既にお持ちの方で、ご自身で健康保険証利用の申し込みができない方を対象に、国保年金課の窓口において、申し込みのサポートを行っています。

サポートを希望される方は、国保年金課へご連絡ください。

 ※登録には、利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号が必要です。

また、新たにマイナンバーカードを取得する方は、市民課においてサポートを行っております。

マイナンバーカードで健康診査の受診結果が閲覧できるようになります

マイナンバーカードの健康保険証利用申込をした方は、令和2年度以降の健康診査の受診結果をマイナポータル上で閲覧できるようになります。

マイナポータルを通じて健康状態や服薬履歴などを把握することで、生活習慣の改善や健康づくりに役立ちます。

詳細はこちらをご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 国保年金課 国保グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎1階
電話:0587-32-1312
ファクス:0587-32-8911