「3010(さんまるいちまる)運動」の推進

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1001149  更新日 平成31年1月28日

印刷大きな文字で印刷

食品ロスを減らそう

皆さんは、1年でどれぐらいの食品ロス(まだ食べられるのに捨てられている食べ物)があるかご存知ですか。日本の食品ロスは年間646万トンあり、そのうち約130万トンを超える量が外食産業から発生していると言われています。特に、宴会では、提供された料理の14.2%、実に7皿中1皿に相当する量が廃棄されています。これらの食品ロスを減らすため、稲沢市では3010運動を推奨します。

図:我が国の食品ロスの大きさ

グラフ:食べ残し量の割合

「3010運動」に楽しく取り組もう

「3010運動」とは、宴会時の食べ残しを減らすための取り組みです。

イラスト:サラリーマンの飲み会

《乾杯後30分間》は、席を立たずに料理を楽しみましょう。
《お開き10分前》になったら、自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう。

と幹事のかたが声をかけるなど、「もったいない」を心がけ、楽しく美味しい宴会にしましょう。

参考:

このページに関するお問い合わせ

経済環境部 資源対策課 循環推進グループ
〒492-8391
愛知県稲沢市中野川端町74番地 環境センター
電話:0587-36-0135
ファクス:0587-36-3709