防災マップ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1000656  更新日 平成31年3月13日

印刷大きな文字で印刷

本市では、市民の皆さまに、国及び県が公表したデータ等を用いて、地震、液状化、浸水に関する危険度を知っていただき、併せて防災意識を高めていただくために本マップを作成いたしました。

1 南海トラフの地震動図

(ア) 国公表データ

南海トラフの巨大地震については、内閣府に平成23年8月に設置された「南海トラフの巨大地震モデル検討会」において、科学的知見に基づき、南海トラフの巨大地震対策を検討する際に想定すべき最大クラスの地震・津波の検討が進められ、中央防災会議が公表した「南海トラフ地震時の最大震度データ」を用いて作成いたしました。

(イ) 愛知県公表データ

平成26年5月に、愛知県が国と同様に、東日本大震災を教訓として、これまでの想定をはるかに超える巨大な地震・津波として、「あらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震・津波」を想定し、「命を守る」という観点で想定外をなくすことを念頭に地震対策を講じることが不可欠であることから、あらゆる可能性を考慮した「南海トラフ最大想定モデルの地震(陸側ケース)」の公表データを用いて作成いたしました。

2 木曽川氾濫浸水想定区域

平成13年6月に改正された水防法に位置付けられているもので、洪水氾濫時に想定される浸水状況を、国土交通省が公表したデータを用いて作成いたしました。

4 稲沢市防災マップ

防災マップは下記からダウンロードしてください。

稲沢市全域

明治地区

千代田地区

大里西地区

大里東地区

下津地区

小正地区

稲沢地区

祖父江地区

平和地区

5 稲沢市防災マップ

「4 稲沢市防災マップ」のデータ及び「稲沢市洪水ハザードマップ」を用いて作成した「防災マップ」をリニューアルしました。

以下からダウンロードしてご覧いただくことができます。

表面「揺れやすさマップ」

裏面「揺れやすさマップ」・「液状化危険度予測マップ」・「洪水ハザードマップ」・「防災について話し合おう(コラム 全地区共通)」

印刷された「防災マップ」をご覧になりたい場合は、窓口に備えていますので、危機管理課までお問い合わせください。

なお、「防災のてびき」については、下記のページからご覧いただけます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課 危機管理グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎2階
電話:0587-32-1275
ファクス:0587-32-1520