土のうステーション(緊急用簡易土のう置き場)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1005432  更新日 令和1年9月19日

印刷大きな文字で印刷

土のうステーション(緊急用簡易土のう置き場)を設置しています

水害(浸水など)が発生した際の速やかな土のう配布のために市内10か所に土のうステーション(緊急用簡易土のう置き場)を設置しています。

水害発生の恐れがある場合などに住民の皆さんが自由に土のうを持ち出して使用できます。

 

土のうステーション

使用方法

1 カバーをはずす

2 上ふたを開ける

 鍵はついておりません。

3 固定金具を2か所外す

 フックになっている部分を上げると開けられます。

 なお、固定金具を外すと前ふたが手前に倒れるため、前ふたを抑えながら固定金具を外してください。

4 前ふたをはずす

5 土のうを取り出す

使用にあたっての注意事項等

1 土のうステーションの上には乗らないでください。

2 土のうを取り出した後は、必ずふたを閉めてカバーをかけてください。

3 土のうは数に限りがあります。多くの方が使うことができるように、持ち出しは最低限度でお願いします。

4 使用済みの土のうは、土のうステーションに返却しないでください。

5 使用済みの土のうの回収は行っておりません。今後の水害等に備え、ご自宅で保管してください。

 ただし、土のうの袋が劣化などにより破損している場合は、申請により土のうの袋を配布します。

 (天日で乾かし、袋の中の土を柔らかくほぐして保管すれば、繰り返し使用できます。) 

6 この土のうは浸水被害などを防ぐためのものです。目的外での使用はご遠慮ください。

7 台風接近時や既に水害が発生している時などは危険ですので土のうの運搬や設置はご遠慮ください。

土のうの並べ方

土のうは道路に面した入口などの道路から水が流れ込みそうな場所に土のうを平らにして隙間なく並べると効果的です。また、土のうに防水のシート(ブルーシートなど)を被せることで、より効果的になります。

土のう積み方

※この画像はイメージです。

土のうの効果的な置き方

※この画像はイメージです。

設置場所

1 稲沢公園

稲沢公園地図

稲沢市稲沢町下田

 

2 有限会社 美竹庭園

有限会社美竹庭園地図

稲沢市稲沢町前田256-1

 

3 消防団第1分団駐車場

消防団第1分団駐車場地図

稲沢市小沢三丁目7

 

4 古杁南公会堂横

古杁南公会堂横地図

稲沢市駅前三丁目13-1

5 文化の丘公園東側入口

文化の丘公園地図

稲沢市長束町沼

6 稲沢駅東第3自転車等駐車場

稲沢駅東第3自転車等駐車場地図

稲沢市下津北山一丁目

7 清洲駅東第1自転車等駐車場

清洲駅東第1自転車等駐車場地図

稲沢市北市場町西玄野

8 中之庄新町広場

中之庄新町広場地図

稲沢市中之庄町行燈18-73

9 山崎防災倉庫横

山崎防災倉庫横地図

稲沢市祖父江町山崎二本木

10 西光坊公園

西光坊公園公園

稲沢市平和町西光坊大門北

土のう袋配布申請書

必要事項をご記入の上、ご提出ください。

申請数量は必要最低限度でお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課 危機管理グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎2階
電話:0587-32-1275
ファクス:0587-32-1520