おぼえておきたい地震の基礎知識

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1000796  更新日 平成31年1月28日

印刷大きな文字で印刷

写真:地震イメージ

戦後最大の被害となった阪神・淡路大震災は、これまでの“安全神話”を根底からくつがえすとともに「安全を過信せず、災害に対する万全の備えが必要」という貴重な教訓を残しました。

被災後、神戸市消防局が実施した調査では、この地震に急襲された市民の3割以上の人が「何もできなかった」とこたえています。やはり、心の準備が不足していた面は否定できません。また同調査から、非常時には「ラジオ」「懐中電灯」「水」などが役立ったことが分かり、さらに「棚の上には重いものを置かない」など、防災対策上の重要なヒントも数多く得られています。阪神・淡路大震災の大きな犠牲を無駄にしないためにも、これらの教訓を暮らしの中でいかしていきたいものです。さっそくできることから防災対策をスタートしましょう。

グラフ:地震が発生したときの初期行動

グラフ:実際に役立った備え

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課 危機管理グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 東庁舎2階
電話:0587-32-1275
ファクス:0587-32-1520