高齢者の後付けブレーキ補助金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1006857  更新日 令和2年8月5日

印刷大きな文字で印刷

 高齢運転者のペダル踏み間違いによる交通事故防止や事故時の被害軽減のため、安全運転支援装置(後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置)の購入・設置費用の一部を愛知県と協調して補助します。

申請受付期間

令和2年7月1日(水曜)から令和3年2月26日(金曜)まで

※装置の設置は令和2年4月1日以降に設置したものが対象となります

主な補助対象者の要件

・市内に住所を有し、住民登録されている方
・令和3年3月31日現在で満65歳以上となる方(昭和31年4月1日以前に生まれた方)
・有効な運転免許証を保有する方
・自動車検査証の「使用者の氏名又は名称」欄に記載されている氏名と、運転免許証に記載されている氏名が同一である方
・自動車税及び市税の滞納がない方

など

補助対象自動車の要件

・装置を設置することが可能な自動車
・自動車検査証上の「自家用・事業用の別」欄に「自家用」と記載されている自動車

 

補助金額

安全運転支援装置を購入・設置するための費用(消費税及び地方消費税相当を含み、国の補助金を除いた額)の5分の4(1,000円未満切り捨て)

【補助上限額】
1.障害物検知機能付き 32,000円
2.障害物検知機能なし 16,000円

※1人1回限りとし、予算額に達した場合は終了

 

センサーあり(8万円)

センサーなし(4万円)

※国の補助については、装置の購入時に差し引かれます
※県と市の補助については、市が県の分もあわせて補助するため、県への申請は必要ありません

補助対象装置

国土交通省の性能認定を受けた後付けの急発進等抑制装置で、愛知県内の安全運転支援装置認定取扱事業者の店舗等において設置したもの

機能別

装 置 名

製造者等の名称

障害物検知機能付き

踏み間違い加速抑制システム トヨタ自動車株式会社
踏み間違い加速抑制システムⅡ
ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」 ダイハツ工業株式会社
ふみまちがい時加速抑制システム スズキ株式会社
ペダル踏み間違い加速抑制装置 マツダ株式会社
ペダル踏み間違い時加速抑制装置 株式会社SUBARU
ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」
踏み間違い加速抑制システム 株式会社ホンダアクセス

障害物検知機能なし

S-DRIVE 誤発進防止システム2 株式会社サン自動車工業
JARWA_S-DRIVE

日本自動車車体補修協会

ペダルの見張り番Ⅱ 株式会社データシステム
アクセル見守り隊
ワンペダル

ナルセ機材有限会社

あしもと見守るくん 株式会社ワールドウィング

上記以外の装置や愛知県外の装置取扱事業者の店舗等で設置した場合は補助対象外です

※認定取扱事業者は、一般社団法人次世代自動車振興センターホームページの「後付け装置を取付ける店舗等の一覧」で確認してください

申請の流れ

申請の流れ

※1 「安全運転支援装置販売・設置証明書」を取扱事業者に記入してもらって下さい
※2 請求から1カ月程度かかります

申請書類等

・補助金交付申請書兼実績報告書(※) 裏面の「誓約書」も必要です
・安全運転支援装置販売・設置証明書(取扱事業者が記載)(※)
・自動車検査証の写し
・自動車運転免許証の写し
・領収書の写し
・補助金の振込先口座に係る通帳の写し
(「表紙」と「表紙をめくった銀行名、支店名、口座番号、名義人が記載されたページ」の2箇所)
・補助金請求書(※)

【※印の書類は下記よりダウンロードしてください】

申請の受付場所及び受付時間

・受付場所:市役所 2階 危機管理課の窓口。郵送での申請はできません

・受付時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分

 ※祝日、振替休日及び年末年始(12月29日~1月3日)は受付を行いません

よくある質問

その他

・予算の範囲内で補助金を交付するため、予算がなくなり次第、受付終了となります
・補助申請をするためにはいくつかの条件があります。条件に該当しない場合は補助金を受けられません
後付け装置は急加速を抑制するもので、自動で停止するものではありません
装置設置後に発生した事故及び損害について、市はその責任を負いません

 

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課 防犯・交通安全グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎2階
電話:0587-32-1159
ファクス:0587-32-1520