障害者雇用をお考えの企業のための見学会について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1007415  更新日 令和3年10月25日

印刷大きな文字で印刷

令和3年度はオンライン開催です!!

障害者雇用をお考えの企業のためのオンライン学習会

 障害者雇用はどう進めるの?どんな仕事をしてもらえばいいの?一緒に働くイメージは?など、障害者雇用を行っている企業や学校、支援機関から具体的な説明をオンライン(Zoomを利用できる環境が必要です)で聞くことができます。

障害者雇用をお考えの企業のためのオンライン学習会チラシ

費用
無料(学習会への参加費が無料。通信料等その他費用については各自ご負担ください。)
申込み

11月5日(金曜)から19日(金曜)に申込書をファクス(0587-(33)-4666)、
またはEメール(masuyama@inazawa-shakyo.or.jp)で稲沢市社会福祉協議会へ

問合せ
稲沢市社会福祉協議会(0587-(23)-6713)

障害者雇用をお考えの企業のための見学会について

見学会事業をきっかけに企業と福祉事業所がつながっています!

 稲沢市地域自立支援協議会では、障害のあるかたが地域で働くことができる環境づくりのため「障害者雇用をお考えの企業のための見学会」を開催しております。(令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止)

 雇用する側の企業に、障害のある方が就職に向けて訓練している場面や企業で実際に働いている場面を見ていただくことで理解を深めていただき、障害者雇用の促進を図ることを目的として実施しております。(共催:一宮公共職業安定所、後援:稲沢商工会議所)

参加者からは企業と障害福祉分野をつなぐ良い機会になったなど、御好評をいただいております。

 

 

見学会の様子
令和元年度見学会の写真

 参考として、これまでに開催した「企業のための見学会」をきっかけに、当該見学会の目的である障害者雇用ということ以外にも次の例のように企業と福祉事業所がつながっておりますので紹介します。

【例1】

 企業で見学した仕事の中に福祉事業所における作業に適したものがあったため、企業と参加した福祉事業所の間で話し合い、その一部について企業から福祉事業所へ発注することになり、福祉事業所で働く障害のあるかたの仕事につながった。

【例2】

 当該見学会をきっかけに知り合った企業と福祉事業所間において施設外就労(福祉事業所で働いている障害のあるかたと事業所職員がユニットを組み、企業から請け負った作業を当該企業内で行うこと)という形で、福祉事業所で働いているかたの実際の現場での仕事につながり、経験や工賃(福祉事業所で働いた際に発生する利用者への給料)につながった。

 

作業風景
施設外就労の写真

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 福祉課 障害福祉グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 東庁舎1階
電話:0587-32-1281
ファクス:0587-32-1219