認知症サポーター養成講座 (「学ぼう!認知症とその対応」「親子で学ぼう!認知症」「認知症キッズサポーター養成講座」)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1001503  更新日 令和4年6月15日

印刷大きな文字で印刷

認知症は誰もが関わる可能性の高い病気です。認知症になっても安心して暮らせるまちを目指して、認知症についての正しい知識や、認知症のかたと接するときの心がまえ等について学びます。

認知症サポーターとは

認知症サポーター養成講座を受けた人を「認知症サポーター」と呼びます。

認知症サポーターは「なにか」特別なことをする人ではありません。認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。
認知症サポーターには認知症の方を支援する「目印」としてオレンジリングを配付します。

個人単位で申し込みをする「認知症サポーター養成講座」

講座「学ぼう!認知症とその対応」

対象者
市内在住・在勤・在学のかた
内容

認知症の症状・治療、予防、接するときの心がまえ等

(認知症サポーター養成講座」の標準テキストに基づいた講話)

講師
キャラバン・メイト(講師として、認知症についての正しい知識と具体的な対応方法を地域に広める役割を担う、専門の研修を受講した者)
実施日・時間
令和4年9月15日(木曜) 午後2時~午後4時
場所
勤労福祉会館 第2・第3研修室
定員
35人
申し込み
令和4年7月1日(金曜)から申し込み開始。電話で高齢介護課(0587-32-1293)へ
その他
新型コロナウィルスの影響により、急遽中止になる場合があります。予めご了承ください。

講座「親子で学ぼう!認知症」

対象者
小学生(3年生以上)と保護者
内容

・「認知症サポーター小学生養成講座副読本」に基づいた講話(認知症とは、認知症の方と接するときの心がまえ等)

・高齢者疑似体験

・ロバ隊長(認知症サポーターキャラバンのマスコットキャラクター)のマスコット作り

講師
キャラバン・メイト(講師として、認知症についての正しい知識と具体的な対応方法を地域に広める役割を担う、専門の研修を受講した者)
会場及び開催日時

下津公民館(研修室)会場:

 令和4年8月10日(水曜) 午後2時から午後4時まで

勤労福祉会館(第2・第3研修室)会場:

 令和4年8月15日(月曜) 午後2時から午後4時まで

平和らくらくプラザ(セミナー室)会場:

 令和4年8月24日(水曜) 午前9時30分から午前11時30分まで

定員

下津公民館会場 10組

勤労福祉会館会場 15組

平和らくらくプラザ会場 10組

持ち物
筆記用具、ハサミ
申し込み
令和4年6月1日(水曜)から申し込み開始。電話で基幹型地域包括支援センター(0587‐22‐6077)へ。
その他
新型コロナウィルスの影響により、急遽中止になる場合があります。予めご了承ください。

団体単位で申し込みをする「認知症サポーター養成講座」

講座「学ぼう!認知症とその対応」、「認知症キッズサポーター養成講座」

対象者

市内在住・在勤・在学の10人以上で構成されたグループ(先着20組まで)

※ 学校・職場なども可。50人以上となる場合は申込前に相談してください。

内容

認知症の症状・治療、予防、接するときの心がまえ等

(キャラバン・メイトによる「認知症サポーター養成講座」の標準テキストに基づいた講話)
※キャラバン・メイトとは、専門の研修を受講した者です。

講師として、認知症についての正しい知識と具体的な対応方法を、地域に広める役割を担っています。

実施日・時間
希望日(平日の9時~17時、90分程度)
場所

市内の希望場所へ出張します

※会場の手配(会場費は自己負担)は各自でお願いします

申込方法

下記の申込書を使用し、開催希望日の45日前までに高齢介護課へお申し込みください。

(申込書は高齢介護課の窓口にも置いてあります。)

その他
新型コロナウィルスの影響により、急遽中止になる場合があります。予めご了承ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 高齢介護課 長寿グループ
〒492-8269
愛知県稲沢市稲府町1番地 本庁舎1階
電話:0587-32-1293
ファクス:0587-32-8911