トップページ > 市組織のご案内 > 市長部局等組織図・事業案内 > 都市計画課 > 稲沢東部地区 都市再生整備計画

稲沢東部地区 都市再生整備計画

1 計画策定の背景及び目的

 稲沢市長束町地内において、UR都市再生機構稲沢団地の建替えに伴って新たな空閑地が生まれることとなり、同地への稲沢市民病院の移転が計画されました。
 新市民病院は、現在の市民会館及び図書館に隣接して建設されるため、これらの施設へのアクセス道路の整備、駐車場機能の強化が必要であり、また、鉄道やコミュニティバスなどの公共交通機関、徒歩、自転車など、様々な手段による利用が見込まれることから、アクセスの利便性も求められます。
 この市民病院移転に伴う課題の解消を含め、稲沢市中心市街地の再生と公共公益施設の集約を目的として、本計画の策定に至りました。

2 計画の対象地域、期間等

 本計画は、名鉄国府宮駅とJR稲沢駅の間にある市街地を中心に、新市民病院建設予定地を含む640haを対象地域とし、平成23年度から平成27年度まで(5ヵ年)の整備計画となっています。

3 計画による整備事業等

 新市民病院の整備に併せて行う周辺道路、防災機能を有する街区公園の整備を始めとし、現市民病院の跡地を有効利用した市街地の再整備を行います。
 また、高質空間形成施設(歩道・照明施設)や地域生活基盤施設(情報板)などの整備によって中心市街地の再生を図るとともに、まちづくり勉強会を実施することにより、地域住民によるまちづくり意識の活性化を図ります。 

社会資本総合整備計画(まちなかの公共公益施設の再編による拠点機能強化を図り、これを活かした国府宮の中心市街地の拡大を推進する)(PDF 2,401KB)
 上記計画に関する事前評価は以下から閲覧できます。
 ・事前評価(PDF 50KB)

4 事後評価

 ・事後評価原案の公表(平成29年3月6日~平成29年3月20日)
  都市再生整備計画事業では、都市再生整備計画に記載された目標や指標の達成状況を検証する事後評価を行うことと
 なっています。
  今回、稲沢東部地区都市再生整備計画における事業の成果等を客観的に検証し、今後のまちづくりの方策に役立てるため、
 事後評価原案を公表するとともに市民の皆様からのご意見を募集します。ご意見は市役所都市計画課に、平成29年3月
 21日までに直接または郵送にてご提出ください。
  なお、この評価原案は、その後、学識経験者等で構成される「稲沢東部地区社会資本総合計画評価委員会」にて審議され
 ます。
 ・事後評価シート原案(PDF 322KB)
 ・意見用紙(Word 15KB)


問合先 市役所都市計画課

最終更新日 平成29年3月6日