トップページ > 市政情報 > 屋外広告物のあらまし

屋外広告物のあらまし

屋外広告物を出すときは、ルールを守りましょう!

 屋外広告物は、「屋外広告物法」で次の4つの要件すべてを満たすものとして定義しています。

屋外広告物の4つの定義


 これらの要件をすべて満たしているものであれば、非営利的なものであっても、その表示する内容の如何にかかわらず、屋外広告物に該当します。
 なお、街頭で配られるビラやチラシ、建物や自動車などの内側に表示されるもの、駅の改札口の内側に表示されるものなどは含まれません。

 屋外広告物は、日常生活に必要な情報を提供し、まちに生き生きとした表情をもたらします。しかし、反面、屋外広告物を無秩序、無制限に出されると、まちの美観や自然環境を損なうことにつながります。
 このため、これら屋外広告物の表示については、愛知県屋外広告物条例によって、表示の仕方や場所などにルールが定められています。
 関係条例については、

愛知県公園緑地課ホームページへ

屋外広告物の種類

種類 定義
広告板
〔広告塔〕
木又は金属等材料を使用して作成され、土地に建植又はその他物件を利用して取付けられたもので、平面的〔立体的〕に内容を表示するもの
アーチ 木又は金属等材料を使用して作成され、道路をまたぎ建植されたもの
アーケード広告 木又は金属等材料を使用して作成され、アーケードの天井から吊下げ又は直接取付けられたもの
屋上広告板
〔屋上広告塔〕
木又は金属等材料を使用して作成され、建築物の屋上に取付けられ平面的〔立体的〕に内容を表示するもの
壁面広告 木又は金属等材料を使用して作成され、建築物等の壁面に取付け、又は塗布されたもので平面的に内容を表示するもの
突出広告 木又は金属等材料を使用して作成され、建築物等の側面に立体的に取付けたれたもの
電柱広告
(塗り・巻付)
電柱等に直接塗布されたもの又は金属等を使用して巻付けられたもの
電柱広告
(添加)
木又は金属等材料を使用して作成され、電柱等の側面に立体的に取付けられたもの
街灯柱広告 金属等材料を使用して作成され、街灯柱を利用して掲出されたもの
立看板 紙、布、木又は金属等を使用して作成され、建物等を利用して立てられ、又は工作物等に立掛けられたもの
はり紙 紙を使用して作成され、建物その他物件に直接貼付けられたもの
はり札 木、合成樹脂、金属等を使用して作成され、建物その他の物件を利用して取付けられたもの
広告旗 広告の用に供する旗で、布の一片に棒等を取付け掲げられたもの
アドバルーン 綱を網に付けた気球を掲揚し、その網に布片等を取付けたもの
広告幕 布又は網を使用して作成され、建築物その他物件を利用して取付けられたもの



屋外広告物の規制

Ⅰ 禁止物件(屋外広告物を表示できない物件)〔条例第4条〕

○ 橋梁、トンネル、高架構造及び分離帯
○ 街路樹及び路傍樹
○ 信号機、道路標識、道路上のさくその他これらに類するもの
○ 電柱、街灯柱その他これらに類するもの
○ 消火栓、火災報知機及び火の見やぐら
○ 郵便ポスト、電話ボックス、公衆便所並びに道路上の変圧器塔及び開閉器塔
○ 送電鉄塔及び送受信塔
○ 煙突及びガスタンク、水道タンクその他これらに類するもの
○ 銅像、神仏像、記念碑その他これらに類するもの
 

Ⅱ 禁止広告物(表示してはいけない屋外広告物)〔条例第8条〕

○ 著しく汚染し、退色し、又は塗料等のはく離したもの
○ 著しく破損し、又は老朽したもの
○ 倒壊又は落下のおそれのあるもの
○ 交通の安全を阻害するおそれのあるもの
 

Ⅲ 禁止地域(屋外広告物を表示できない地域)〔条例第3条〕

  第一種低層住居専用地域
名神高速道路の全区間
道路に接続する地域で、知事が指定する区域
名神高速道路の路端から500m未満までの区域
東名阪自動車道の路端から500m未満までの区域
国道22号の路端から100m未満までの区域
東海道新幹線の全区間
鉄道の知事が指定する区間
東海道本線の全区間
名鉄名古屋本線、尾西線の全区間
鉄道に接続する地域で、知事が指定する区域
東海道新幹線の路端から500m未満までの区域
東海道本線の路端から100m未満までの区域
名鉄名古屋本線の路端から100m未満までの区域   など
(注1)上記地域は、商業地域、近隣商業地域、人口集中地区(平成12年度国勢調査)及び駅構内に係る部分を除く。
(注2)禁止地域でも屋外広告物を表示できる場合があります。

 

Ⅳ 許可地域(許可が必要な地域)〔条例第5条〕

〔第1項〕
 ○ 市の全域(禁止地域を除く)
〔第2項〕
 ○ 道路の知事が指定する区間
  ・国道155号の全区間
 ○ 道路に接続する地域で、知事が指定する区域
  ・名神高速道路の路端から500m以上1,000mまでの区域
  ・東名阪自動車道の路端から500m以上1,000mまでの区域
  ・国道155号の路端から1,000mまでの区域
  ・国道302号の路端から1,000mまでの区域
 ○ 鉄道の知事が指定する区間
  ・東海道本線の駅構内
  ・名鉄名古屋本線の駅構内
  ・名鉄尾西線の駅構内
 ○ 鉄道に接続する地域で、知事が指定する区域
  ・東海道新幹線の路端から500m以上1,000mまでの区域
  ・東海道本線の路端から100m以上1,000mまでの区域
  ・名鉄名古屋本線の路端から100m以上1,000mまでの区域   
  ・名鉄津島線の路端から1,000mまでの区域   
  ・名鉄尾西線の路端から1,000mまでの区域   
 (注1)許可地域でも表示する場所により、許可の規制が異なります。
 

Ⅴ 適用除外(規制の適用が除外されるもの)〔条例第6条〕

○ 法令の規定により、表示・設置する場合
○ 国又は地方公共団体が公共目的をもって表示する場合
○ 自己の氏名等を自己の住所等に表示する場合(自家用広告)
○ 自己の土地や物件を管理するために表示する場合(管理用広告)
○ 公職選挙法による選挙運動のために使用するポスター、看板など
○ 冠婚葬祭、祭礼等のため一時的に表示・設置する場合   など
 

Ⅵ 許可の基準

〔共通基準〕
○ 都市美観又は自然景観に調和し、周囲の環境を損なわないこと。
○ 原色を過度に使用していないこと。
○ 著しく汚染し、退色し又は塗料等のはく離したものでないこと。
○ 電飾設備を有するものにあっては、昼間においても美観を損なわないこと。
○ 広告を表示しない面及び脚部で展望可能の部分は、塗装その他の装飾をすること。
○ 容易に腐朽し、又は破損しない構造であること。
○ 風雨その他の震動、衝撃等により容易に破損、落下又は倒壊するおそれのないこと。
○ 交通を妨害するような位置に表示又は設置していないこと。
○ 交通信号機、道路標識等の効用を阻害しないこと。

〔個別基準〕
広告物の種別及び地域別の許可基準一覧(PDF19KB)

◆ 許可の適用除外一覧(PDF 55KB)

 

屋外広告物の許可申請

Ⅰ 許可申請の手続き(許可申請をする方へのお願い)

  屋外広告物を出すときは
自分の敷地内であっても許可が必要となる場合があります。このため、広告物の表示が可能な地域かどうか、また、許可が必要かどうかについて、事前に都市計画課(屋外広告物担当)にてご確認してください。
申請書は、広告物の種類ごとに提出してください。
広告物の表示又は設置(許可)の期間は、3年以内です。ただし、簡易広告物(立看板、広告旗、はり紙、はり札、広告幕、広告網アドバルーンなど)は3月以内です。
許可を受けようとする場合には手数料が必要となります。
許可手数料一覧(PDF16KB)
許可書は、手数料の納入確認後発行いたします。なお、許可書を郵送希望される方は、申請時に許可書送付用封筒(切手貼付)を併せて提出してください。
屋外広告物を掲出した方は
広告物の倒壊や落下による事故を防ぐため、定期的に安全点検を実施し、常に良好な状態を保つようにしてください。
必要がなくなったときには責任を持って取り外してください。また、その際「屋外広告物除却等届出書(様式第10)」を提出してください。
許可の有効期間が満了するときは
引き続き広告物を表示するときは、許可期間の満了する日の10日前までに更新の手続きを行ってください。


Ⅱ 各種申請書等ダウンロード

新規申請 屋外広告物表示等許可申請書(様式第1) (PDF 45KB)
更新申請 屋外広告物更新許可申請書(様式第2)(PDF 44KB)
屋外広告物自己点検報告書(様式第2の2)(PDF 15KB)
変更申請 屋外広告物変更等許可申請書(様式第3) (PDF 48KB)
国・地方公共団体通知
(公共目的)
屋外広告物表示等通知書(様式第4) (PDF 45KB)
管理者等変更届 屋外広告物管理者等設置等届出書(様式第8) (PDF 14KB)
設置者等の氏名等変更届 屋外広告物設置者等の氏名等変更届出書(様式第9) (PDF 14KB)
除却等届 屋外広告物除却等届出書(様式第10) (PDF 14KB)
添付図書 添付図書一覧 (PDF 14KB)



屋外広告業登録制度について

 愛知県内(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市の区域を除く。)で屋外広告物業を営むためには、事前に知事の登録を受けることが必要となります。
 くわしくは

愛知県公園緑地課ホームページへ

 

問合先 市役所都市計画課

最終更新日 平成29年6月12日