トップページ > あそぶ・まなぶ > むかしばなし > 小山の合戦

小山の合戦(稲沢町)

小山の合戦イラスト

 いまの稲沢北小学校の東のほうに、稲島城があったときのお話です。
 むかし、稲島に木全又左エ門忠澄という、いくさのじょうずな、ぶしがいました。
 となりの国でいくさが始まり、稲島のほうにも、せめてきました。敵がせめてきたので、稲島の人たちは、守りをかためて、たたかいました。
 しかし、敵の数は1,300人をこえるおおぜいです。稲島の人たちは、300人ぐらいですから、少ない稲島の人は、槍でつかれたり、矢のまとになったりしました。たいへんな苦戦です。
 忠澄は、100人ほどのけらいといっしょに、松のこんもりしげった小山にかくれ、少しもうごこうとしません。
 これをみた人は、
「忠澄どの、てきがせめてくるというのに、山にかくれているとは・・・」と。
 またほかの人は、
「いまこそ、みかたをたすけ、てきをやっつけるときなのに、おくびょうだな」「いったい何を考えているのか」と口々に、ののしりあっていた。
 こういわれても忠澄は、少しもあわてることもなく、おこることもなく、「いや、ちょっとかまえているだけだ」と、のんびりとこしをおろしていました。
 ほかのぶしは、これをきいて、たちさるものも、いました。
 忠澄は、「みんなのもの、よくきけ! この道は、勝っても負けても、かならずとおる道であるぞ。ばかなあいては、勝ったと思って、なにもかまえずに、引きあげるにちがいない、いいか、じっと松のかげにかくれておれ」といって、また、「どっこいしょっ」と、すわりこんでしまいました。
 しばらくすると、忠澄が予想したとおり、てきのぶしは心をゆるめて、小山のほうにちかづいてきました。あるものは、口ぶえをふきならし、あるものは、はなうたきげんで、手がらなどをほこっています。
 みなにつたえたとおり、できるだけちかづくのをまって、忠澄とそのけらいは、いきをこらしていました。
「よおしー、今じゃ。声を上げえー。」
「オー。オー。」
 その声に山はこだまして大きなひびきとなった。
「ウオ―、ウオ―」
 びっくりしたてきは、自分たちよりもおおぜいの軍が山にかくれていて、せめてくると思い、おどろいてちりぢりになってしまいました。それを見て、忠澄は百人ばかりの兵を三つに分け、一つは松のあいだから、さかおとしにつきすすみました。するとてきはいったんにげてまたひきかえしてきました。そのとき、もう一つは、どっと「とき」の声をあげつっこみました。また、つづいて残る一つも大声をあげて、きりかかりました。
 こうして、思いもよらぬふいをうたれたてきの多くを、うちとることができました。
 作戦は、いろいろあるのですね。

 

問合先 市役所生涯学習課

最終更新日 平成20年4月1日