トップページ > あそぶ・まなぶ > 文化財 > 県指定文化財 > 尾張の虫送り行事

尾張の虫送り行事(オワリノムシオクリギョウジ)


県指定無形民俗文化財 

祖父江虫送り牧川実行委員会
(ソブエムシオクリマキガワジッコウイインカイ)
稲沢市祖父江町
昭和59.02.27:指定(常滑市と共通指定)
尾張の虫送り行事写真

  尾張の虫送り行事のうち、祖父江で行われる虫送り行事の特徴は、麦ワラで作成される大きな実盛人形にある。当日の日中に、作成される実盛人形は、笠と刀をつけ、馬上で手綱を取るほぼ等身大の勇ましいものである。同時に松明も作られる。
 日暮れの頃、高張り提灯を先頭に、実盛人形、松明と続く虫送りの行列が、鐘・太鼓の響きに導かれ、水田の虫を追いながら、集落内を練り歩く。最後に燃え残った松明とともに、実盛人形を燃え盛る炎の中に投げ込み、昇天させ、行事は終了する。
 毎年7月10日に行われた行事であるが、現在は7月上旬に行われる。

 

問合先 市役所生涯学習課

最終更新日 平成27年9月29日