トップページ > あそぶ・まなぶ > 文化財 > 市指定文化財 > 木造釈迦如来坐像

木造釈迦如来坐像(モクゾウシャカニョライザゾウ)


市指定文化財 彫刻 1躯
鎌倉
禅源寺(ゼンゲンジ)
稲沢市稲葉一丁目
昭和55.11.01:指定
平成8年:保存修理
木造釈迦如来坐像写真

 像高69.7cm。桧材を用いた寄木造で、玉眼を嵌入した釈迦如来坐像である。両手先、右耳朶、裳先などを後補し、全身に後補の漆箔がおかれている。
 像は典型的な鎌倉時代の如来像で、肉髻部が豊かに盛り上がり、像の体貌も重厚であり、両膝の張りも充分で安定感に富む。衣文の彫り口も巧みで、太く効果的なものを刻んでいる。

  

問合先 市役所生涯学習課

最終更新日 平成25年4月1日