トップページ > あそぶ・まなぶ > 文化財 > 重要文化財 > 鉄造地蔵菩薩立像

鉄造地蔵菩薩立像(テツゾウジゾウボサツリュウゾウ)

重要文化財 彫刻 1躯
文暦2(1235)年
長光寺(チョウコウジ)
稲沢市六角堂東町
昭和35.06.09:指定
鉄造地蔵菩薩立像写真

 像高160cm、地蔵堂(六角円堂)の本尊である。像容は円頂で、正面の髪際にゆるい波形のカーブをみせ、白毫を陽出し、眉目もよく整い、豊頬に円満な慈相を表わしている。本体といい、造立銘を陽鋳する台座の丸框といいみごとに鋳成され、鉄仏特有の外型の鋳バリが背面に三筋認められるのみで、その鋳肌は鋳銅製のそれに近い。全国の鉄仏中これ程鋳上りがよく保存の完好なものは他に見当たらない。

  

問合先 市役所生涯学習課

最終更新日 平成25年4月1日