トップページ >  第64回文化財防火デーに伴う消防訓練

第64回文化財防火デーに伴う消防訓練

 1月26日は「文化財防火デー」です。「文化財防火デー」は、昭和24年1月26日に法隆寺の金堂が炎上し、壁画が焼損したことをきっかけとして、昭和30年に定められました。全国でこの日を中心に、文化財を火災、震災その他の災害から守るため、文化財防火運動が行われています。
 稲沢市でも毎年、消防本部・教育委員会の主催で市内の文化財所有寺社を会場として消防訓練を行っています。

開催概要

日時

平成30年1月21日(日)午前9時から9時50分まで
 ※少雨決行、大雨及び積雪の場合は中止

会場

尾張大国霊神社(国府宮)
 稲沢市国府宮一丁目1-1

主催

稲沢市消防本部・稲沢市教育委員会

参加者

尾張大国霊神社関係者、地元自主防災会、稲沢市消防団第2分団、稲沢市文化財愛護少年団
※見学は自由です。

訓練内容

建物調査・初期消火訓練、119番通報訓練、非常持ち出し訓練、救急救護訓練、
消火器取扱い訓練、消防車及び屋外消火栓による一斉放水訓練 など

その他

当日は、儺追殿前で訓練を行います。
儺追殿への参拝は可能ですが、放水訓練の際に水しぶきがかかることがあるかもしれません。
御理解と御協力をお願いします。


昨年の訓練の様子



問合先 市役所生涯学習課、消防本部予防課

最終更新日 平成30年1月10日