トップページ > 事業者のかたへ > 東日本大震災復興緊急保証制度

東日本大震災復興緊急保証制度

東日本大震災復興緊急保証制度とは

 東日本大震災に直接又は間接被害を受けた中小企業者への資金供給を円滑に行うために新しく創設された制度で、既存の融資枠とは別枠で信用保証協会の保証付き融資が受けることが可能です。

市の認定が必要

 この融資制度を利用するには、東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律第128条第1項に基づく市の認定が必要です。市の認定を受けた後、金融機関を通じて信用保証協会に融資のお申し込みをしていただくことになります。

認定の対象者

  1. 申請者が、特定被災区域において事業を行っている東日本大震災発生前からの取引先事業者が東日本大震災に起因する店舗の閉鎖、事業活動の縮小等を実施していることにより、次のいずれかに該当すること。
    • (イ) 原則として震災の発生後の最近3ヶ月間の売上高等が前年同期に比して10%以上減少していること。
  2. 申請者が、東日本大震災に起因する、特定被災区域内の消費者の需要の減少、特定被災区域外の取引先事業者の事業活動の停止等、取引先からの契約解除等、又はイベント自粛によって、次のいずれかに該当すること。
    • (イ) 原則として震災の発生後の最近3ヶ月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少していること。

様式などはこちら

※制度の詳細につきましては中小企業庁ホームページをご参照ください。

※申請をお考えの方は事前に市役所商工観光課へお問い合わせください。

 

問合先 市役所商工観光課

最終更新日 平成23年7月12日