トップページ > くらしのガイド > 漏水・故障

漏水・故障

1 蛇口の水漏れ、水道機器の水漏れ

  • 蛇口を閉めても水が止まらないときは、ほとんどがコマパッキンを取り替えるだけで直ります。コマパッキンは金物店やホームセンターで手に入ります。
  • 温度調節など複雑な機構の蛇口や水洗便所、湯沸し器、温水器などの水漏れや故障は、器具メーカーや販売店、または指定給水装置工事事業者へ修理をお申し出ください。

【応急処置】
  • 止水栓を閉めてください。止水栓はメーターボックスの中か、その近くにあります。止水栓のハンドルを右に回すと、水の供給が止まります。
   
 

  • 水がふき出していたところに、ビニールテープか布きれなどをしっかりと巻きつけてください。
  • 水洗便所の場合は、止水バルブでとりあえず水漏れを止めることができます。また、タンクの中で引っかかっていることがあります。ハンドルを動かしてみたりして中を確認してください。
【修理にかかる費用】

止水栓を含む水道メーターから蛇口までの修理にかかる費用は、お客様の負担になります。

2 道路からメーターボックスまでの間の漏水、道路での漏水!

  稲沢市水道お客様窓口(0587-21-2181)までご連絡ください。

3 使用量が急に増えたとき

 水漏れは、見える場所とは限りません。前回に比べて使用量が増えたときは、どこかで水が漏れていることがあります。次のようにして調べましょう。

  1. 家中の蛇口や水道機器で、水を使っていないことを確認してください。
  2. 水道メーターの銀色のパイロットマークを見てください。
  3. もし、パイロットマークが回っていたら水が漏れています。
  4. 応急処置をして、すぐに指定給水装置工事事業者に修理をお願いしてください。

4 水が出ないとき

【工事に伴う断水】

 水道工事や突発事故のため断水することがあります。水道工事のために断水する場合は、事前にチラシや広報車により広報を行っています。
 突発事故のための断水は、広報が遅れる場合がありますが、御理解と御協力をお願いします。

【水道メーター取替えに伴う断水】 

 水道メーターの取替え時、20分程度断水します。水道メーターは法律で8年に1度交換することが義務付けられています。正しい使用水量の測定のために、水道メーターの交換に御理解と御協力をお願いします。

【止水栓が閉じている】

 メーターボックスの蓋を開くと、メーターと「止水栓」があります。止水栓のハンドルを左に回してください。水が供給されます。
 また、水道料金の支払が滞ると、給水を停止する場合があります。止水栓のハンドルを左に回しても水が出ない場合は、給水停止されている可能性がありますので、稲沢市水道お客様窓口(0587-21-2181)まで平日の8時30分から17時15分までの間にご連絡ください。

【ビルやマンションの水が出ない】

 受水槽により水の供給を行っている場合は、受水槽の点検、ポンプの故障、停電に伴うポンプの不作動などが考えられます。ビルやマンションの管理会社や大家さんにお問い合わせください。

 

問合先 水道業務課(上下水道庁舎内)
    TEL 0587-21-2181

最終更新日 平成26年10月14日