トップページ > くらしのガイド > 水道をひくとき

水道をひくとき

 家屋の新築や増改築等に伴う水道工事については、次のことにご配慮いただき、使用時期(入居、開店等)に遅れるなどの トラブルが生じないよう十分注意してください。

 

1 給水装置工事の申し込み

 給水装置工事は、稲沢市水道事業指定給水装置工事事業者だけが施工の資格を有しており、必ず指定給水装置工事事業者に依頼してください。
 指定給水装置工事事業者以外の業者が施工し、粗悪な工事と判断した場合は、配水管への接続をお断りするばかりでなく、 工事のやり直しが必要となる場合もありますので、十分に留意してください。

指定給水装置工事事業者

 

2 工事の遅れは連絡不足から…

 水道工事を建築工事のなかに含めて依頼した場合、工事日程等について業者間(建築業者と指定給水装置工事事業者)の連絡不徹底から水道工事が遅れ、入居、開店などに支障をきたした例も少なくありません。ご注意ください。


3 3階への給水は…   

 平成27年4月1日から、これまで2階までとしていた直結直圧給水の範囲を、3階まで拡大しました。直結直圧給水とは、貯水槽を通さずに配水管からの水圧のみで給水する方法で、小規模貯水槽の設置が不要となります。
 対象建物は、給水栓の高さが8m以下の一戸建て専用住宅、集合住宅、事務所等です。
 ただし、条件により直結直圧給水ができない場合もあります。
 申し込みは、指定給水装置工事事業者へお願いします。


4 費用

費用の名称 主な内容(金額は税込) 管轄先
新規給水
負担金
 新設工事、増径工事(メーターの口径を大きくする工事)をするかたにメーターの口径の大きさに応じて負担していただきます。
 増径工事の場合は、設置済メーターとお申し込みメーターとの負担金の差額分です。
稲沢市上下水道部水道業務課

※水道業務課発行の納入通知書兼領収書(前納)でお知らせの金額です。
手数料 検査  配水管から分岐した給水装置工事の立合い確認費用(2,000円)
設計審査  給水装置の工事に係る設計の審査費用(契約メーター1件につき1,000円)
事務費  新設工事などで道路に配水管のない場合、承認工事に係る事務費を負担していただきます。
*延長100mまでの部分 … 1mにつき1,080円
 延長100mを超える部分 … 1mにつき540円
公道部給水
装置工事費
 配水管から宅内へ引き込む給水管の工事費で、メーターボックスまでの費用です。 指定給水装置工事事業者
宅地内給水
装置工事費
 メーターボックスから敷地内の配管工事費や屋内の水道工事費用です。

 

   《補助金一覧表》
    1,000平方メートル以上の開発行為を行うものを除き、工事費の補助があります。
    補助金の額(税抜)

    舗装区分  φ50mm
  1mにつき   
φ75mm
    1mにつき    
   φ100mm以上  
1mにつき
  延長100mまでの部分     舗装道路 4,200円  5,400円  6,000円 
 未舗装道路   2,100円  2,700円  3,000円 
  延長100mを超える部分     舗装道路 2,100円  2,700円  3,000円 
 未舗装道路    1,050円  1,350円  1,500円 
   バルブ設置一ヶ所につき  117,000円  119,000円  142,000円 
      900,000円(税抜)を限度とする。


     《新規給水負担金一覧表》
メーター口径 負担金(税込)
13mm 75,600円
20mm 151,200円
25mm 302,400円
40mm 756,000円
50mm 1,134,000円
  75mm 2,646,000円
100mm 4,536,000円
150mm 10,584,000円
共用1戸当たり 75,600円

 

(参考)
メーターの口径
 一般住宅の新築および改造などでメーター口径を決める場合、13mm~20mmの口径が多く取りつけられていますが、13mm口径の場合、一度に使用できる蛇口の数は1ヵ所程度となり、2ヵ所以上同時に使用すると水量不足になる可能性があります。
 メーター口径を決める場合は、指定給水装置工事事業者と十分打合せをしてください。
納付金(新規給水負担金、手数料、事務費)は、工事着手前に支払っていただくことになっています。 納付金を支払ってから、工事依頼事業者と施工の打合せをしてください。

  指定給水装置工事事業者

 

問合先 水道業務課(上下水道庁舎内)
    TEL 0587-21-2181

最終更新日 平成27年4月1日