トップページ > くらしのガイド > 水道の冬じたく

水道の冬じたく

夜の冷えこみにご注意

気温がマイナス4℃以下になりますと、防寒の不完全な水道管は凍ったり、破れつしたりします。とくに多いのはつぎのようなところです。
1 水道管がむき出しになっているところ
2 水道管が北向きにあるところ
3 風あたりの強いところにある水道管
水道の冬じたく

水道管が破れつしたとき

まず、止水せんをしめて水を止めます。そして、破れつした部分に布かテープを巻きつけて応急手当をしてから、指定給水装置工事事業者へ修理をお申し込みください。


水道が凍って出ないとき

凍って出ないとき タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてとかします。熱湯をかけると破れつやヒビ割れすることがありますので、ご注意ください。


防寒のしかた

1 保温材を巻きます。じゃ口が破れつしやすいので、絵のように完全に包んでください。     2 手近なものとして、毛布、布などを利用してください。なお、これらがぬれないように、上からビニールなどを巻いてください。
防寒のしかた1 防寒のしかた2


3 メーターボックスの中に使い古しの毛布や布切れなどを入れ、メーターボックスの上にダンボールなどをのせて保温してください。
防寒のしかた3

 

問合先 水道業務課(上下水道庁舎内)
    TEL 0587-21-2181

最終更新日 平成20年4月1日