トップページ > くらしのガイド > 市外から市内へ住所を移したとき(転入届)

市外から市内へ住所を移したとき(転入届)

手続方法

稲沢市に住み始めた日から14日以内に本人または世帯主が手続きをします。

手続先

市役所市民課、祖父江・平和支所、各市民センター
※外国人住民のかたは、支所、各市民センターでは手続きできません。
※個人番号カード、住民基本台帳カードによる転入届の特例を適用されるかたは、各市民センターでは手続きできません。

届出に必要なもの

  1. 転出証明書または転出証明書に準ずる証明書(前住所地の市区町村長発行)
    ※転入届の特例を適用されるかたは、個人番号カードまたは住民基本台帳カード(転入者全員分)が必要です。
    ※日本国籍のかたが外国から戻られた場合、パスポート及び戸籍謄抄本、戸籍の附票の写しが必要です。
     (稲沢市に本籍があるかたは戸籍謄抄本、附票は必要ありません。)
    ※外国人住民のかたが国外から転入された場合、同一世帯内の世帯主が外国人住民である場合は、本人と世帯主との続柄を証する公的な文書(公的な文書が日本語でない場合は、その翻訳文も必要)が必要となります。
  2. 印鑑(届出人のもの)
  3. 通知カードまたは個人番号カード(転入者全員分)
    ※本人以外のかたが手続きする際、委任状等が必要になる場合があります。
  4. 住民基本台帳カード(お持ちのかたのみ)
  5. 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人のかたのみ) 

※届出の際には届出人のかたの身分証明書の提示をお願いしますので、運転免許証やパスポートなどをお持ちください。

転入による関連手続き

1.小中学校の転校手続き  
 a.新しい学校を指定した入学通知書を交付します。転入前の学校が交付した在学証明書等を持って新しい学校で手続きしてください。   
 b.10月から3月までにおいて、翌年度新入学児童の転入を届出されたかたは事務手続きが必要ですので、教育委員会学校教育課にお問い合わせください。
2.公的個人認証にかかる電子証明書をお持ちのかたで、住所の変わるかたは署名用電子証明書が失効します。
3.転入による主な手続き(下表)

              転入による主な手続き
              (詳細は各担当課へお問い合わせください)
担当課
届 出 事 項
国保年金課 国民健康保険
国民年金
後期高齢者医療
心身障害者医療
精神障害者医療
子ども医療
母子家庭等医療
こども課 児童手当
児童扶養手当
遺児手当(県・市)
高齢介護課 介護保険
福祉課 障害者手帳
障害児者に対する各種手当
障害者自立支援制度
健康推進課 妊婦・乳児健康診査
予防接種

窓口の混み具合について

市民課窓口の混雑傾向のご案内
 

問合先 市役所市民課

最終更新日 平成29年4月1日