トップページ > くらしのガイド > 亡くなられたとき(死亡届)

亡くなられたとき(死亡届)

手続方法

死亡の事実を知った日から7日以内に原則として同居の親族が手続きをします。

届出する場所(届出地)

死亡地、死亡者の本籍地、届出人の住所地のいずれかの市区町村役場

届出に必要なもの

  1. 死亡届書1通(死亡診断書を添付)
  2. 印鑑(届出人のもの)

死亡届を出した後の手続きに必要なもの

  1. 通知カードまたは個人番号カード

    ※亡くなったあとの手続きで個人番号が必要となる場合があります

  2. 住民基本台帳カード(お持ちのかたのみ)
  3. 印鑑登録証(該当者のみ)
  4. 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
  5. 介護保険被保険者証(該当者のみ)
  6. 国民年金手帳
  7. 国民年金証書
  8. 各種医療費受給者証(受給者のみ)

死亡による主な手続き
(詳細は各担当課へお問い合わせください)

担 当 課
届  出  事  項
課税課
固定資産税の相続人代表者指定届
軽自動車税納税義務消滅及び
発生申告(名義変更)
国保年金課
国民健康保険喪失
葬祭費支給申請(国民健康保険・後期高齢者医療加入者)
後期高齢者医療
心身障害者医療
精神障害者医療
子ども医療
母子家庭等医療
国民年金死亡届 (加入者)
(障害・老齢福祉受給者)
こども課
児童扶養手当
遺児手当(県・市)
児童手当
高齢介護課
介護保険
福祉課 障害者手帳
障害児者に対する各種手当
障害者自立支援制度

窓口の混み具合について

市民課窓口の混雑傾向のご案内

問合先
 市役所市民課

最終更新日 平成29年4月1日