トップページ > くらしのガイド > 証明書交付申請時における本人確認の実施について

証明書交付申請時における本人確認の実施について

 各種証明書の交付申請時に、窓口にみえたかた(申請者)の本人確認を実施しています。
 ご来庁時には、本人確認ができるものをお持ちください。
 なりすましによる証明書の取得を未然に防ぎ、皆さんの大切な個人情報を保護するため、ご理解とご協力をお願いします。
〇本人確認ができるもの
 運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳、健康保険被保険者証、年金手帳、その他の身分証明書など
※本人確認書類には、2点以上の提示が必要になるものがあります。
※「個人番号カード」と「通知カード」は異なるものです。「通知カード」は本人確認書類に含まれません。

〇対象となる証明書・問合先

対象となる証明書 問合先
住民票の写し
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書
戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄・抄本)
戸籍の附票の写し
戸籍届書受理証明書
身分証明書 など
市役所市民課
固定資産課税台帳登録事項証明書
固定資産評価証明書
固定資産公課証明書
固定資産評価額通知書
固定資産課税台帳(閲覧・コピー)
所得課税証明書
非課税証明書
扶養証明書
納税証明書(継続検査用軽自動車税納税証明書を除く) など
市役所課税課

問合先 市役所市民課、課税課

最終更新日 平成29年4月1日