トップページ > くらしのガイド > コンビニ交付について

住民票等各種証明書のコンビニ交付サービスが始まります!

 稲沢市では、平成30年1月25日から、マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍などの証明書を、全国のコンビニで受け取れるようになる「コンビニ交付サービス」を始めます。

対象者

マイナンバーカードをお持ちで、市内に住民登録をされている15歳以上のかた
または、市内に本籍があるかた

利用するために必要なもの

 マイナンバーカード
        

  カード交付時に設定した利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁の数字)の入力が必要です。
  マイナンバーカード交付の翌日からサービスをご利用いただけます。

         ※マイナンバー通知カード・住民基本台帳カードでは、サービスをご利用いただけません。
                   


マイナンバーカードの申請につきましては、以下をご確認ください。
地方公共団体情報システム機構 マイナンバーカード交付申請(外部リンク)
  https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

マイナンバーカードを紛失された場合は、マイナンバー総合フリーダイヤルにご連絡ください。
  0120-95-0178

利用可能時間

午前6時30分から午後11時00分まで
※年末年始(12月29日から翌年1月3日)、システムメンテナンス日(稲沢市HPに掲載予定)を除く

利用場所

全国のコンビニエンスストア
 (セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、ミニストップ、Aコープ北東北、セイコーマート、イオンリテール、国分グローサーズチェーン、ポプラ、日本郵便、セーブオン、エーコープ鹿児島、イオン北海道)  
    ※サービスが利用できる多機能端末(以下、マルチコピー機)を設置している店舗に限ります。

コンビニ交付サービスで受け取れる証明書

証明書の種類 留意事項 手数料(1通)
住民票の写し 本人または同じ世帯のかたの住民票が取得できます。 300円
マイナンバーの記載が選択できます。
本籍や続柄の記載が選択できます。
死亡や転出されたかたの除票は取得できません。
住民票コードは記載できません。
印鑑登録証明書 稲沢市で印鑑登録をされたご本人の証明書のみ取得できます。 200円
印鑑登録証の持参は不要です。
戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄本・抄本) 本人または同じ戸籍に在籍のかたの、現在の証明書のみ取得できます。 450円
出生や婚姻などの戸籍の届出をされてから、コンビニで証明書が取得できるまでに一週間程度かかります。
稲沢市に本籍があり、住所が稲沢市外のかたは、利用者登録が必要です。登録方法は次の2通りあります。
1.ICカードリーダーを装備したパソコンからインターネット経由で申請する。
2.コンビニに設置されたマルチコピー機から申請する。
※詳しくは地方公共団体情報システム機構のホームページ(外部リンク)をご覧ください。https://www.lg-waps.jp/01-06.html
稲沢市から登録完了のお知らせはしませんので、5営業日のちにコンビニでマルチコピー機を操作してください。
戸籍附票の写し 同上 300円

利用方法

  1. コンビニのキオスク端末(マルチコピー機)の画面で「行政サービス」を選択します。
  2. マイナンバーカードを読み取らせ、暗証番号を入力します。
      暗証番号は、利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁の数字)です。3回間違えるとロックがかかります。解除するには稲沢市役所市民課等での手続きが必要です。
  3. マイナンバーカードを取り外します。
  4. 証明書の種別や部数などを選択し、料金をお支払いください。
    ※誤って取得した証明書の交換、返金は致しかねます。ご了承ください。
  5. 証明書・領収書が発行されます。
   地方公共団体情報システム機構 証明書の取得方法(外部リンク)
     https://www.lg-waps.jp/01-01.html

利用上の注意

・コンビニ交付で印鑑登録証明書を取得する場合には印鑑登録証の持参は不要ですが、市役所、支所等で交付を受ける場合は印鑑登録証が必要ですので、ご注意ください。
・マイナンバーカードの交付を受けたかたに、住所・氏名等の異動があった場合は、サービスの利用ができるまでに数日かかることがあります。
市の手数料条例により手数料が免除となる場合でも、コンビニ交付による証明書取得の場合は交付手数料がかかります(後からの返金はできません)。手数料免除を希望のかたは市役所窓口で証明書を取得してください
・出力する証明書が2枚以上(例:住民票の写しで5人以上の世帯)の場合、窓口での証明書と異なり、綴じられておりません。ページ番号でひとつづりのものと判断されます。提出時にもご注意ください。
・支援措置を受けているかたや成年被後見人のかたは、コンビニ交付サービスを利用できません。
・転出予定のかた(転出届を出されたかた)や転出予定のかたが含まれる住民票の写しは、取得できません。

注意事項

・カードに設定されている暗証番号と一緒にカードを紛失されますと、他人に証明書を取得されてしまう危険性がありますので、カードの保管、暗証番号の管理には十分ご注意ください。

証明書の改ざん偽造防止対策

 市役所の窓口で証明書を取得される際、証明書に使用する紙は専用紙を使用していますが、コンビニ交付では、A4サイズの普通紙を使用しています。
 このため、コンビニ交付を安心してご利用いただくために、証明書には印刷時に不正防止処理を施してあります。
例えば、コピーすると「複写」というけん制文字が浮かび上がります。
 偽造防止対策については、下記のページをご覧ください。

     地方公共団体情報システム機構 偽造・改ざん防止技術(外部リンク)
               https://www.lg-waps.jp/02-01.html

プライバシー対策

・稲沢市とコンビニ間とのデータ通信は、専用回線を使いデータを暗号化しています。
・マルチコピー機で証明書を発行した後には、データは消去されます。
・マルチコピー機は自分で操作し、コンビニ従業員を介さずに証明書を受け取ることができます。
・証明書の取得後、マルチコピー機の画面や音声、アラームでお知らせし、カードや証明書の取り忘れを防止しています。

マイナンバーカード総合サイト(外部リンク)
  https://www.kojinbango-card.go.jp/index.htm

         

問合先 市役所市民課

最終更新日 平成30年1月15日