トップページ > くらしのガイド > 退職者医療制度

退職者医療制度

 退職者医療制度とは、被用者保険(社会保険、共済組合等)の加入者が高齢となり国民健康保険の被保険者となった際、その医療費給付について世代間の連帯の理念に基づき、被用者保険共同の交付金と保険税によりまかなうものです。
 医療費の自己負担割合や保険税等は一般被保険者と同様です。

 退職者医療制度の適用は平成26年度をもって終了しました。但し、平成27年3月末までに下記の対象者となる要件を満たしたかたは、遡って退職者医療が適用されます。

 また、現在退職者医療制度の被保険者証をお持ちのかたは、引き続き退職者医療の被保険者証をお使いいただき、65歳の誕生月の翌月(誕生日が1日のかたは誕生月)に一般の被保険者証に切り替わります(手続きは不要です)。

対象者

◆退職被保険者本人となるかた

以下の条件をすべて満たすかたが退職被保険者本人になります。

  1. 国民健康保険の加入者で65歳未満のかた
  2. 厚生年金・船員保険あるいは各種共済組合から老齢(退職)年金又は、通算老齢(退職)年金の受給権があるかたで、これらの年金加入期間が20年以上、若しくは40歳以後の期間が10年以上あるかた

◆退職被扶養者となるかた

以下の条件をすべて満たすかたが退職被扶養者になります。

  1. 国民健康保険の加入者で65歳未満のかた
  2. 退職被保険者本人の配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある人も含む)、若しくは三親等内の親族
  3. 退職被保険者本人と同一世帯で、主として退職被保険者本人により生計を維持しているかた

*生計維持の基準は被扶養者の年間収入が130万円(60歳以上のかた、又は障害年金の受給要件に該当する程度の障害者は180万円)未満である事等です。

問合先 市役所国保年金課

最終更新日 平成29年4月1日