トップページ > くらしのガイド > 国民年金 > 遺族基礎年金

遺族基礎年金
~国民年金加入中に亡くなられたとき~

◆ 遺族基礎年金が受けられる条件

国民年金の加入者または老齢基礎年金の受給資格期間(原則として25年以上)を満たしたかたなどが死亡し、その人と生計を同じくしていた「子のある配偶者」または「子」が受けられる年金です。

子とは、受給権者と生計を同じくしていた18歳到達年度の末日までの子または障害等級が1級、2級の状態にある20歳未満の子をいいます。

◆ 保険料の納付要件

死亡日の月の前々月までの被保険者期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除(全額免除・一部納付)期間、若年者納付猶予期間、学生納付特例期間を合わせた期間が3分の2以上あることが必要です(死亡日が平成38331日以前のときは、死亡月の前々月までの直近1年間に未納がないこと)。

(注) 4分の3免除、半額免除、4分の1免除の場合、免除の承認を受けても、保険料をそれぞれ4分の1納付、半額納付、4分の3納付しないと未納扱いとなります。

 年金額 (平成29年度)

779,300

子の人数に応じて加算があります。

子のある配偶者が受ける場合 子のみが受ける場合
子の数 加算額 子の数 加算額
第1子・第2子 各 224,300円 第1子(本人) 加算なし
第3子以降 各 74,800円 第2子 224,300円
第3子以降 各  74,800円

※子のみの場合は、受ける子の数で割った金額をそれぞれが受けます。

◆ 遺族基礎年金の問合先

1) 第1号被保険者期間中に死亡されたかた・・・・・・・市役所1階国保年金課 窓口年金グループ

2) 第3号被保険者期間中に死亡されたかた・・・・・・・一宮年金事務所(TEL 0586-45-1418

 

寡婦年金

夫が老齢基礎年金を受ける資格を得ながら、老齢基礎年金や障害基礎年金を受ける前に死亡した場合、10年以上の婚姻関係があった妻に60歳から65歳までの間支給されます。ただし、死亡一時金とは選択になります。

夫が受けることができた老齢基礎年金の4分の3(第1号被保険者期間によって計算された額に限ります)。

付加年金は除きます。

死亡一時金

国民年金の保険料を3年以上納めたかたが、老齢基礎年金や障害基礎年金を受けることなく死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合、死亡した人と生計を同じくしていた遺族に支給されます。ただし、寡婦年金とは選択になります。

保険料納付済期間

金額

保険料納付済期間

金額

3年以上15年未満

120,000

25年以上30年未満

220,000

15年以上20年未満

145,000

30年以上35年未満

270,000

20年以上25年未満

170,000

35年以上

320,000

※ 付加保険料を3年以上納めていれば、8,500円が加算されます。

※ 半額免除期間は、保険料納付済期間の2分の14分の1免除期間は、保険料納付済期間の4分の34分の3免除期間は、保険料納付済期間の4分の1として計算します。

※ 死亡一時金を受ける権利は、2年過ぎると時効となりますので、ご注意ください。

 

問合先 市役所国保年金課

最終更新日 平成29年4月1日