トップページ > くらしのガイド > 国民年金 > 国民年金について

国民年金

日本国内に居住している20歳から60歳未満のすべての方は、公的年金に加入します。

国民年金はすべての公的年金の基礎となるものです。

加入者は職業などにより3つのグループに分かれており、それぞれ加入手続きや保険料の納付方法が違います。

国民年金の加入

20歳から60歳未満の全員が加入

 

◆ 加入のタイプは3種類です

種類

どんな方が

加入の届出は

保険の納付は

1号被保険者

農業・自営業・学生・無職などの方

市役所国保年金課

日本年金機構から送付される納付書などで納付

2号被保険者

会社員など厚生年金や共済組合に加入している方 

勤務先

勤務先が納付

(厚生年金や共済組合に加入することで国民年金にも自動的に加入していることとなるため、個別に国民年金保険料を納める必要はありません。)

3号被保険者

2号被保険者に扶養されている配偶者

配偶者(第2号)の勤務先

納付の必要はありません

任意加入

国民年金制度では、上記の強制加入の対象外であっても希望により加入できる 任意加入制度があります。

◆ 任意加入

国民年金制度では、日本に住む20歳以上60歳未満の方は全て加入しなければいけません。(強制加入)しかし、強制加入の対象の対象者でなくても下記に該当する方は、年金の受給資格を得るためや将来受給する年金額を増やすなどの目的で任意で加入することができます。

1. 60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいて、受給資格期間の足りない方や過去に未納期間などがあるため満額の老齢基礎年金を受けられない方(老齢基礎年金を受けていない方)

2. 65歳以上70歳未満の方で、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方

3. 20歳以上65歳未満で、海外に住んでいて、日本国籍のある方(老齢基礎年金を受けていない方)

 

手続きに必要なもの

年金手帳、印鑑、預金通帳(1又は2の場合)、その他必要書類

国民年金の保険料納付

◆ 平成29年度の保険料は、月額16,490

納付方法

保険料

割引額

申込期限

納付期限

納付書(現金)で納付

 

毎月納付

16,490
1197,880円)

0

翌月末日

2回納付
6か月前納)

98,140
1196,280円)

800
11,600円)

4月・10月末日

1年前納

1年194,370

13,510

4月末日

2年前納

2379,560

214,400

4月末日

口座振替

で納付

毎月納付
(翌月末振替)

16,490
1197,880円)

0

翌月末日

毎月納付

(早割)

16,440
1197,280円)

50

1600円)

当月末日

2回納付

6か月前納)

97,820

1195,640円)

1,120

12,240円)

2月末日(4月~9月分)

8月末日(10月~3月分)

4月・10月末日

1年前納

1193,730

14,150

2月末日

4月末日

2年前納

2378,320

215,640

2月末日

4月末日

クレジットカードでの納付等もありますが、詳しくは年金事務所で確認・申し込みをお願いします。

 ※ 2年前納は、平成30年度の保険料を月額16,340円で計算しています。
 ※ 月末が休日の場合、納付期限は翌営業日になります。

付加年金

前記の保険料以外に、付加保険料として月額400円の付加保険料を上乗せして納めると、老齢基礎年金に付加年金が加算されます。

1号被保険者及び任意加入被保険者のかたは、ご希望により申し込みできます。 (ただし、保険料の免除を受けている期間、国民年金基金の加入者、第3号被保険者は、納めることができません)

 

付加年金(年間受取額)の計算    200円×付加保険料納付月数

 

問合先 市役所国保年金課

最終更新日 平成29年4月1日