トップページ > くらしのガイド > 軽自動車税のあらまし

軽自動車税のあらまし

 

軽自動車税とは?

 軽自動車税は、市内に主たる定置場のある軽自動車等(原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車)に対して、その所有者にかかる税金です。

納税義務者(軽自動車税を納めるかた)

 毎年4月1日現在で軽自動車等を所有しているかたです。

税の減免

 身体障害者等について、一定の要件を満たしている場合は、普通自動車を含め1人1台に限り税が減免されます。

納税

 市役所から送付する納税通知書によって、5月末日(休日のときは、6月最初の営業日)の納期限までに納めていただきます。

納めていただく税額

 (1) 原動機付自転車、二輪の軽自動車、専ら雪上を走行する軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車について
  は、平成28年度分から下表の標準税率が適用されます。

区          分 税率(年額)
平成27年度まで
(旧税率)
平成28年度から
(標準税率)
原動機付
自転車
第一種(総排気量が50cc以下のもの) 1,000円 2,000円
第二種乙(総排気量が50ccを超え90cc以下のもの) 1,200円 2,000円
第二種甲(総排気量が90ccを超え125cc以下のもの) 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
軽自動車 二輪のもの(総排気量が125ccを超え250cc以下のもの) 2,400円 3,600円
専ら雪上を走行するもの 2,400円 3,200円
小型特殊
自動車
農耕作業用 1,600円 2,400円
その他のもの(フォークリフトなど) 4,700円 5,900円
二輪の小型自動車(総排気量が250ccを超えるもの) 4,000円 6,000円

 

 (2) 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査を受けた四輪以上及び三輪の軽自動車で、排出ガス性
  能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成29年度分に限り軽自動車税の税率が軽減されます。
  [グリーン化特例(軽課)]

区      分 税 率 ( 年 額 )
標準税率 75%軽減 50%軽減 25%軽減
軽自動車 三輪のもの 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上のもの 乗用のもの 営業用 6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用のもの 営業用 3,800円 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 5,000円 1,300円 2,500円 3,800円

  ※軽課対象車及び内容

軽乗用車 内  容   軽貨物車 内  容
電気自動車等 税率を約75%軽減 電気自動車等 税率を約75%軽減
 ★★★★(※)かつH32年度燃費基準
+20%達成車
税率を約50%軽減  ★★★★(※)かつH27年度燃費基準
+35%達成車
税率を約50%軽減
 ★★★★(※)かつH32年度燃費基準
達成車
税率を約25%軽減  ★★★★(※)かつH27年度燃費基準
+15%達成車
税率を約25%軽減
     (※)★★★★:平成17年排出ガス基準75%低減達成

 (3) 最初の新規検査から13年を経過した四輪以上及び三輪の軽自動車(電気自動車等を除く。)について、標準税率に
  約20%重課された税率が適用されます。
  [グリーン化特例(重課)]

区      分 税 率 ( 年 額 )
平成27年4月以降に最初の新規検査を受けた車両
(標準税率)
平成27年3月以前に最初の新規検査を受けた車両
(旧税率)
最初の新規検査から13年を経過した車両
(重課税率)
軽自動車 三輪のもの 3,900円 3,100円 4,600円
四輪以上のもの 乗用のもの 営業用 6,900円 5,500円 8,200円
自家用 10,800円 7,200円 12,900円
貨物用のもの 営業用 3,800円 3,000円 4,500円
自家用 5,000円 4,000円 6,000円

 ※「最初の新規検査」は自動車検査証の「初度検査年月」をご覧ください。
 ※平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両は、最初の新規検査から13年を経過するまでは旧税率のままで
   す。
 ※燃料の種類が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリンハイブリッドのもの及び被けん引車は対象外
   です。 

 

問合先 市役所課税課

最終更新日 平成29年4月1日