トップページ > くらしのガイド > 海や川の水の 汚れの原因を ご存じですか?

海や川の水の 汚れの原因を ご存じですか?

汚しているのは家庭から流している生活排水です。

 私たちは、一人あたり毎日約200~300リットルの水を炊事、洗濯、風呂、洗面、し尿などで使い、側溝や川に流しています。生活様式の変化により清潔感、快適性などを求めて一人あたりの排水量が増え、水の汚れが増加しています。
 かつては川や海の水を汚す一番の原因が工場排水でした。しかし、法律による規制や排水処理技術の向上などから、今では水を汚す原因の約70%が生活排水です。
 水は、水に住む生物により汚れをきれいにする力(自然浄化力)を持っていますが、今日ではこれを上回る汚れが川や海に流れ込み、水の汚れを増加させているのです。

汚れた水をきれいにするのは大変です。

 いったん汚れてしまった水をきれいな水に回復させるのは大変なことです。
もし、こんなものを台所から流してしまったら・・・。魚が住める水質にするにはどのくらいの水が必要なのでしょうか?

みそ汁、ラーメンの汁、米のとぎ汁、ビール、牛乳
(平成8年 愛知県環境部調べ)


川や海、自然を守るために始めましょう。

  • 料理はちょうどよい量を作り、食べ残さないようにしましょう。
  • 排水口のストレーナーや三角コーナーは目の細かいものを使うか、水きりネットを使うと、汚れの2~3割程度が取り除けます。
  • 洗剤は正しく計って使いましょう。適量以上に洗剤を使っても、無駄になるばかりか、川や海を汚してしまいます。
  • 使用済みの食用油はペットボトルに入れ、地域ステーションや市指定の回収ボックス設置場所に持ち込むか、凝固材や牛乳パックに入れた古新聞などに吸わせて、可燃ごみとして捨てましょう。
  • 食器や鍋に付いた油などの汚れは、ゴムベラ、古新聞などで拭き取りましょう。
  • 米のとぎ汁は、庭や畑に撒きましょう。水に流してしまえば汚れですが、植物にとっては栄養分になります。
  • 浄化槽は法定検査、保守点検、清掃を必ず実施しましょう。

自然を変えることは私たちには出来ません。私たちの暮らし方を変えましょう!


問合先 環境保全課(環境センター内)
    TEL 0587-36-3710

最終更新日 平成28年12月6日