トップページ > 市政情報 >稲沢市の環境方針

稲沢市の環境方針

 稲沢市における継続的な環境の保全と改善に関する取り組みの基本理念および基本方針は次のとおりです。 基本理念としては、将来を見据えた地球環境改善の必要性と、その中で地方自治体が果たす役割の重要性を認識し、継続的な環境保全活動を行うことにより、「人と自然が共生し 地球にやさしいまち いなざわ」の実現を目指します。 基本方針としては、「環境に配慮した事務事業の推進」「省エネ・省資源・リサイクル・グリーン購入の推進」「法規制等の順守」などを掲げています。
 この方針に基づき、環境に負荷を与える事務事業についての具体的な環境目的・目標を定め、環境保全活動に継続的に取り組んでいます。



1 基本理念

 稲沢市は、緑豊かな自然環境と歴史的資源に恵まれた都市です。しかしながら、今日の社会経済活動や生活様式は、便利さや物質的な豊かさをもたらす一方で、環境への負荷を増やし、地域での環境問題のみならず地球温暖化等の地球環境問題を生じさせています。
 こうした状況の中で、かけがえのない環境を将来の世代に引き継ぎ、環境への負荷の少ない持続的な発展が可能な社会を構築して、人と自然とが共生することのできる環境都市を実現するため、稲沢市環境基本条例を制定しました。
 稲沢市環境基本条例の基本理念を踏まえて、稲沢市環境基本計画では、望ましい環境像「人と自然が共生し 地球にやさしいまち いなざわ」の実現に向けて市民・事業者・市の取り組みを定めています。
 この取り組みの一環として、稲沢市役所自らが率先して地球環境問題の改善に取り組み、先導的な役割を担うことが重要であるとの認識のもとに、稲沢市環境マネジメントシステムによって環境の保全を積極的に推進します。

2 基本方針

 稲沢市は、オゾン層の破壊、地球温暖化、酸性雨、大気汚染、水質汚濁等による自然環境の破壊を改善するため、環境マネジメントシステムを継続的に改善し、全職員により次の環境保全に関する活動を推進します。


(1) 組織の整備
  責任所在を明確にした組織、運営体制を整備し、全職員参加のもと環境保全活動を推進します。
(2) 環境に配慮した事務事業の推進
  環境方針を実行するため、自治体として事務・事業が及ぼす環境への著しい影響を認識し、環境 目的及び目標を設定するとともに、環境に有益な事業を積極的に推進します。
(3) 環境汚染の予防
  地球温暖化の防止、水環境の保全、オゾン層の保護等、環境に配慮した行動を積極的に取り組むことにより、環境汚染の予防に努めます。
(4) 省エネ・省資源・リサイクル・グリーン購入の推進
  ガソリン等燃料使用量の削減、低公害車の導入、紙の使用量の削減および環境に配慮した物品の購入に率先して取り組みます。
(5) 法規制等の順守
  環境側面に関連して適用可能な法律、条例などの法的要求事項および組織が同意するその他の要求事項を順守し、環境の保全を推進します。
(6) 職員の教育及び実践の徹底
  公務員としての役割を認識し、環境保全・改善に対する一層の意識の向上を図るため、教育・訓練を徹底し、実践を通して、市民、事業者の模範となるよう努めます。
(7) 環境マネジメントシステムの見直し
  定期的に内部環境監査等を実施し、環境マネジメントシステムの適合性、有効性を見直すことによるシステムの向上に努めます。
(8) 周知及び公表
  環境方針は、主要な場所に掲示します。また、組織のために働く全ての人に配布して周知します。市民の方々には、広報、ホームページなどで公表します。

   平成22(2010)年9月26日


                        稲沢市長      大野紀明

 

問合先 環境保全課(環境センター内)
    TEL 0587-36-3710

最終更新日 平成24年3月6日