トップページ > 市政情報 >稲沢市の環境方針

稲沢市の環境方針

 稲沢市における継続的な環境の保全と改善に関する取り組みの基本方針は次のとおりです。

 将来を見据えた地球環境改善の必要性と、その中で地方自治体が果たす役割の重要性を認識し、継続的な環境保全活動を行うことにより、「人と自然が共生し 地球にやさしいまち いなざわ」の実現を目指します。

 この方針に基づき、環境に配慮した事務事業の実施に取り組んでいます。



 稲沢市は、緑豊かな自然環境と歴史的資源に恵まれた都市です。しかしながら、今日の社会経済活動や生活様式は、便利さや物質的な豊かさをもたらす一方で、環境への負荷を増やし、地域での環境問題のみならず地球温暖化等の地球環境問題を生じさせています。

 こうした状況の中で、かけがえのない環境を将来の世代に引き継ぎ、環境への負荷の少ない持続的な発展が可能な社会を構築して、人と自然とが共生することのできる環境都市を実現するため、稲沢市環境基本条例を制定しました。

 稲沢市環境基本条例の基本理念を踏まえて、稲沢市環境基本計画では、望ましい環境像「人と自然が共生し 地球にやさしいまち いなざわ」の実現に向けて市民・事業者・市の取り組みを定めています。

 この取り組みの一環として、稲沢市役所自らが率先して地球環境問題の改善に取り組み、先導的な役割を担うことが重要であるとの認識のもとに、環境の保全を積極的に推進します。

 稲沢市は、地球温暖化、大気汚染、水質汚濁等による自然環境の破壊を改善するため、全職員により省エネ・省資源・リサイクル等を推進し、環境に配慮した事務事業を実施することにより、環境汚染の予防に努めます。

 また、公務員としての役割を認識し、環境保全・改善に対する一層の意識の向上を図るため、実践を通して、市民、事業者の模範となるよう努めます。

      平成29(2017)年10月1日

                             稲沢市長  加 藤 錠 司 郎

 

問合先 環境保全課(環境センター内)
    TEL 0587-36-3710(ダイヤルイン)

最終更新日 平成29年10月2日