トップページ > くらしのガイド > 犬の各種申請・届出など

犬の各種申請・届出など

犬の登録と狂犬病予防注射

 犬は、生涯に一度の登録と毎年一回(4月から6月の間に)の狂犬病予防注射を受けることが法で決められています。
 また、登録後の変更・異動等についても届出等が必要です。

登録

 犬の所有者は、犬を飼いはじめた日(生後90日以内の犬は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村長に犬の登録を申請しなければなりません。登録は、その犬の生涯に一度です。

◎登録をすると登録鑑札を交付します。このとき手数料が必要です。手数料の金額は別表のとおりです。

狂犬病予防注射

 生後91日以上の犬の所有者は、その犬に、狂犬病予防注射を4月1日から6月30日までの間に一回受けさせなければなりません。また、生後91日以上の犬で、3月2日(1月1日から5月31日までの間にその犬を所有することとなった場合は、前年の3月2日)以降に狂犬病予防注射を受けていない又は受けたかどうかわからないものを所有することとなった者は、その犬を所有することとなった日から30日以内に狂犬病予防注射を受けさせなければなりません。

◎狂犬病予防注射(接種)を受けると、注射済票を交付します。このとき、手数料が必要です。手数料の金額は別表のとおりです。
◎市では、毎年4月に、市内の公共施設等を集合会場として狂犬病予防注射の接種(集合注射)を行っています。すでに登録されている犬の所有者のかたには、毎年3月末頃にお知らせはがきを送りますので、会場・日程をお確かめのうえ最寄りの会場へお出かけください。登録が済んでいないかたや新たに犬を飼うかたは、市広報または回覧でお確かめください。詳しくは、「集合注射会場・日程」をご覧ください。
 なお、狂犬病予防注射は集合注射会場だけでなく開業獣医師(動物病院等)でも受けることができます。

<別表>

[稲沢市手数料徴収条例別表その2]
区分 単位 金額
犬登録手数料 1頭 3,000円
狂犬病予防注射済票交付手数料 1枚 550円
犬登録鑑札再交付手数料 1枚 1,600円
狂犬病予防注射済票再交付手数料 1枚 340円

(H29.4.1現在)


犬関係各種申請・届出等<手続別>

 次のような申請・届出等があります。

手続名 異動の内容 届出者 時期 交付物・返却物
・添付書類等
手数料 届出先 その他
(1)犬登録申請書 新たに登録されていない犬を飼うとき 所有者 飼い始めた日から30日以内
生後90日以内の犬は、90日経過した日から30日以内
登録鑑札を交付 手数料の納付必要 環境保全課(環境センター内)  
(2)狂犬病予防注射済票交付整理表 狂犬病予防注射を受けたとき 所有者 狂犬病予防注射を受けたら速やかに 注射済票を交付注射済証を提出 手数料の納付必要 環境保全課(環境センター内) 様式は登録申請書と同一
(3)犬登録鑑札再交付申請書 登録鑑札を紛失したとき 所有者 紛失したとき 登録鑑札を再交付 手数料の納付必要 環境保全課(環境センター内)  
(4)狂犬病予防注射済票再交付申請書 注射済票を紛失したとき 所有者 紛失したとき 注射済票を再交付 手数料の納付必要 環境保全課(環境センター内)  
(5)犬の登録事項変更届 市内で犬の所在地、飼い主の住所、飼い主が変わったとき 所有者または新所有者 変更したときから30日以内 環境保全課(環境センター内) 電子申請・届出が可能こちら
(6)犬の登録事項変更届(転入) 市外から市内に犬の所在地、飼い主が変わったとき 所有者または新所有者 変更したときから30日以内 旧登録鑑札と引換えに新登録鑑札を交付(郵送不可) 環境保全課(環境センター内)
(7)犬の死亡届 犬が死亡したとき 所有者 死亡したときから30日以内 登録鑑札及び注射済票を返却 環境保全課(環境センター内)、支所または最寄りの市民センター 様式は祖父江斎場・市民センターにもあり
電子申請・届出が可能こちら
(8)犬の所在不明届 犬が所在不明となったとき 所有者 所在不明となって1年以上発見されないとき(所在が判明したときは速やかに連絡要) 環境保全課(環境センター内)  
(9)犬の海外渡航届 犬を長期海外渡航させるとき 所有者 長期海外渡航するまえ(帰国したときは速やかに連絡要) 環境保全課(環境センター内)  
(10)犬の登録抹消願 所在不明または海外渡航の犬の登録を消除するとき 所有者 所有者が希望するとき 登録鑑札及び注射済票を返却 環境保全課(環境センター内)  


犬関係各種申請・届出等<ケース別>

 次のようなとき、各種申請・届出等が必要です。

●新たに登録されていない犬を飼うとき:
【手続名】犬登録申請書
【手続方法・内容】所定の申請書を提出し、登録する
【届出者】犬の所有者
【手続時期】飼い始めた日から30日以内、生後90日以内の犬は、90日経過した日から30日以内
【必要なもの】◆添付書類等:なし◆手数料等:手数料の納付必要【交付物】登録鑑札
【提出先】問合先と同じ
【交付窓口】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
●動物病院等で狂犬病予防注射を受けたとき:
【手続名】狂犬病予防注射済票交付整理表(犬登録申請書)
【手続方法・内容】所定の申請書を提出し、予防注射の接種済を報告する
【届出者】犬の所有者
【手続時期】予防注射を受けたら速やかに
【必要なもの】◆添付書類等:注射済証(動物病院等で発行)◆手数料等:手数料の納付必要
【交付物】注射済票
【提出先】問合先と同じ
【交付窓口】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
●市内で犬の所在地、飼い主の住所、飼い主が変わったとき:
【手続名】犬の登録事項変更届
【手続方法・内容】所定の届出書を提出し、登録内容を変更する
【届出者】犬の所有者(または新所有者)
【手続時期】変更したときから30日以内
【必要なもの】◆添付書類等:なし◆手数料等:なし
【交付物】なし
【提出先】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
※電子申請・届出ができます(こちら
●市外から市内に犬の所在地、飼い主が変わったとき:
【手続名】犬の登録事項変更届(転入)
【手続方法・内容】所定の届出書を提出し、犬の新しい所在地を管轄する自治体に登録する
【届出者】犬の所有者(または新所有者)
【手続時期】変更したときから30日以内
【必要なもの】◆添付書類等:旧登録鑑札◆手数料等:なし
【交付物】新登録鑑札
【提出先】問合先と同じ
【交付窓口】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
●犬が死亡したとき:
【手続名】犬の死亡届
【手続方法・内容】所定の届出書を提出し、登録を削除する
【届出者】犬の所有者
【手続時期】死亡したときから30日以内
【必要なもの】◆添付書類等:登録鑑札・注射済票◆手数料等:なし
【交付物】なし
【提出先】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)、支所または最寄りの市民センター
【その他】所定の届出書の様式は祖父江斎場・市民センターにもあります。
※電子申請・届出ができます(こちら
●犬が逃げ出すなど行方不明等になったとき:
【手続名】犬の所在不明届
【手続方法・内容】所定の届出書を提出し、所在不明を届出る
【届出者】犬の所有者
【手続時期】所在不明となって1年以上発見されないとき
【必要なもの】◆添付書類等:なし◆手数料等:なし
【交付物】なし
【提出先】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
【その他】不明になっていた犬が見つかったときは、速やかに連絡が必要
●犬を長期に海外渡航させるとき:
【手続名】犬の海外渡航届
【手続方法・内容】所定の届出書を提出し、海外渡航を届出る
【届出者】犬の所有者
【手続時期】長期海外渡航するまえ
【必要なもの】◆添付書類等:なし◆手数料等:なし
【交付物】なし
【提出先】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
【その他】帰国したときは、速やかに連絡が必要
●所在不明の犬や海外渡航させている犬の登録を飼い主の希望で消除するとき:
【手続名】犬の登録抹消願
【手続方法・内容】所定の願出書を提出し、登録を削除する
【届出者】犬の所有者
【手続時期】所有者が希望するとき
【必要なもの】◆添付書類等:なし◆手数料等:なし
【交付物】なし
【提出先】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
●登録鑑札を紛失したとき:
【手続名】犬登録鑑札再交付申請書
【手続方法・内容】所定の申請書を提出し、登録鑑札の再交付を受ける
【届出者】犬の所有者
【手続時期】登録鑑札を紛失したとき
【必要なもの】◆添付書類等:なし◆手数料等:手数料の納付必要
【交付物】登録鑑札
【提出先】問合先と同じ
【交付窓口】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
●注射済票を紛失したとき:
【手続名】狂犬病予防注射済票再交付申請書
【手続方法・内容】所定の申請書を提出し、注射済票の再交付を受ける
【届出者】犬の所有者
【手続時期】注射済票を紛失したとき
【必要なもの】◆添付書類等:なし◆手数料等:手数料の納付必要
【交付物】注射済票
【提出先】問合先と同じ
【交付窓口】問合先と同じ
【問合先】環境保全課(環境センター内)
○こんなときはご相談ください:
<環境保全課(環境センター内)>
●病気等により狂犬病予防注射を受けることができないと獣医師(動物病院等)に診断されたとき

<県動物保護管理センター(尾張支所)TEL 0586-78-2595>
●犬・猫を飼いたいため、県動物保護管理センターから譲り受けるとき
●やむを得ず犬・猫を飼えなくなったとき
●犬が咬みつくなどの事故等が起きたとき


問合先 環境保全課(環境センター) TEL 0587-36-3710(ダイヤルイン)

最終更新日 平成29年4月1日